ピクシブ百科事典

滝浪涼香

たきなみすずか

滝浪涼香とは、ジャンプSQで連載中のアミュー作『この音とまれ!』における登場人物である。

CV:浪川大輔

プロフィール

誕生日9月28日(天秤座)
血液型B型
身長・体重179cm・70kg
兄弟姉が一人
好きなものそば・天ぷら
苦手なもの納豆
学校・教科神奈川県立時瀬高等学校・数学
呼ばれ方タキナミ、涼香ちゃん、すずちゃん先生
その他時瀬高校箏曲部顧問。世界的指揮者と天才ピアニストの息子。英語・ドイツ語も喋れる。


人物

神奈川県立時瀬高校箏曲部顧問。

龍星群の演奏とその際のやりとりから不良を改心させた有能な熱血教師であることにされ(実際はそこまででもないただのお調子者だが)、妙にやる気になった教頭から顧問としても真面目に働くように厳命されてやる気のない顧問として登場した。しかし、箏曲部員が本気で全国を目指し始めたことや副部長に就任した来栖妃呂久遠愛から発破を掛けられ、励まされて自信を取り戻した倉田武蔵に「(やる気がないなら)顧問辞めて下さい」と脅されたこと、そして妃呂の叔父からのアドバイス等をきっかけに顧問として少しずつやる気を出していくようになる。
関東邦楽祭での時瀬箏曲部員達の「ベスト以上の演奏」にはついに心を動かされ、以降は彼らに惚れ込み、本格的に、技術的・精神的なアドバイスは言うに及ばず、時瀬箏曲部に合った作曲・編曲を睡眠時間を犠牲にしてまで手掛けたり、果ては自腹を切っての金銭的な支援にまで手を出すなど、文字通り身を削って指導を行っている。

作中における世界的指揮者の滝浪薫と天才ピアニストの雪森つかさの長男(第二子)で、両親、姉と共に幼少期からドイツに住んでいた。サラブレッドともいうべき家系に恥じない極めて肥えた耳と天才的な作曲能力を持っていたが、楽器に興味を示すこともなく、また、作曲能力を周囲の大人達に買われるも音楽界に引き込まれることを嫌い、おじ(父方か母方か、また、伯父か叔父かは不明)を頼って日本に進学した。高校3年生の時に滝浪薫の息子であることを理由に「ちょっと指揮をしてくれ」とからかいまじりに頼まれたことがあったが、「指揮したいと思うほどお前らの曲に興味ねぇよ 出直してこいタコ」と自信たっぷりに断る様を2学年下の久遠衣咲(愛の父方の叔母で現在の保護者)に目撃されている。
現在でも両親や結婚した姉はドイツに居を構えているようで「実家ドイツだから」と言い放つ場面も。本人は武蔵小杉駅(と思しき駅)から徒歩10分ほどの場所にある高級マンションに一人で暮らしている。(その場合、必然的に神奈川県川崎市中原区在住)
姉の天宮清香(天宮は夫の姓)はピアニストの道を選び、仕事で来日する際は涼香の自宅をホテル代わりにしている。

登場当初のやる気のなさからともすれば不良教師にも思われることもあるかも知れないが、生徒を引率する立場にある教員・社会人としての言動は至って常識的。

関連記事

親記事

この音とまれ! このおととまれ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「滝浪涼香」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 105

コメント