ピクシブ百科事典

鳳月さとわ

ほうづきさとわ

鳳月さとわとは、ジャンプSQで連載中のアミュー作『この音とまれ!』に登場する、主人公と同じ箏曲部の部員。
目次[非表示]

登場作品

この音とまれ!

プロフィール

誕生日7月29日(獅子座)
血液型O型
身長・体重158cm・?kg
兄弟一人っ子
好きなものもんじゃ・パプコ(今後どんどん増えてゆくと思われる)
苦手なもの冷めたご飯
学校・クラス神奈川県立時瀬高等学校1年生・F組


人物

時瀬高箏曲部員。
大きな箏の家元の娘として生まれ、3歳の頃から箏を弾く。多くのコンクールで賞を総ナメにする程の実力を持つ、長い黒髪と気の強そうな瞳(と推定Gカップのバスト)が特徴の美少女。
現在は親元を離れ、アパートで一人暮らしをしている。

当初倉田武蔵久遠愛に対し、プロデビューする際「弱小箏曲部を全国一位に導いた天才箏少女」という話題を作るために時瀬高箏曲部に入部したと話していたが、実際にはもっと別の理由があり、時瀬高箏曲部で箏を弾く事に強いこだわりを持つ。

初心者が大半の時瀬高箏曲部において、倉田武蔵とともに指導と演奏をこなす。

過去

鳳月会の家元である父親を幼い頃に病で亡くし、その跡を継いだのが母親であった。
家元としての重圧や周囲からの心無い言葉に傷付き憔悴する母を目の当たりにし、自分が誰よりも上手く箏を弾ければ母を守れるのではないかと、日々直向きに箏の稽古に励む。
しかしそれは同じ年頃の子供から理解されず、母親からはより辛くあたられる結果となった(さとわの頑張りがより母親を追い詰めてしまった)。
ついに母親にはどんな言葉も届かなくなり、母親と自分を繋ぐ箏によって思いを伝えようと、大舞台で強行に出るも裏目に出てしまう。
鳳月会を破門され、箏を弾く意味を見失い、箏から遠ざかっていた時に時瀬高箏曲部と偶然出会う。上手くはないが楽しそうに箏を弾く姿に憧憬を抱き、時瀬高箏曲部に入部した。
今では、現部員と箏を弾くのが楽しく、さとわにとって失い難い場所となっている。
また、母親との仲を修復したいと思っている。

関連リンク

ジャンプSQ 久遠愛 倉田武蔵 高岡哲生

pixivに投稿された作品 pixivで「鳳月さとわ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15195

コメント