ピクシブ百科事典

無垢行騰

むくむかばき

鳥山石燕著の妖怪画集『百器徒然袋』に記載される付喪神の一種。

概要

鳥山石燕著の妖怪画集『百器徒然袋』に記載される妖怪

に乗って遠出をしたり狩りをしたりする際に身に付ける道具の一種である“行騰”の付喪神で、その正体は『曽我物語』で語られる曾我祐成(十郎)と曾我時致(吾郎)の父・河津三郎が赤沢山で工藤祐経に暗殺された時に身に付けていた“行騰”が、河津三郎の怨念を受けて妖怪化した存在であるとされるが、工藤祐経が無垢行騰に復讐されたという伝承は伝わっていない為、詳細は不明となっている。

関連タグ

妖怪 付喪神

関連記事

親記事

妖怪 ようかい

兄弟記事

コメント