ピクシブ百科事典

特磁水

とくじすい

特磁水とは、上橋菜穂子の小説「獣の奏者」に登場する薬品。
目次[非表示]

概要

特磁水とは、上橋菜穂子の小説「獣の奏者」に登場する薬品。闘蛇王獣に関して大きな影響を与える。

作中での扱い

闘蛇の中でも「牙」と呼ばれる最上級のものに与えられ、その他の「胴」や「尾」に対しては、「薄磁水」と呼ばれる薬品が与えられる。
作中の話から、闘蛇に対しては「イケ」と呼ばれる飼育槽内部の水に溶かし、経皮、経口摂取させていると思われる。
飼育されている王獣に対しても投与され、こちらは水桶に入れたものを経口摂取させているとみられる。


原材料と効能

原材料は主に下に記した3つ

  • アツネ草(根を煎じる)
  • ラカル草(根を煎じる。作中では食欲増進の効果があると説明されている)
  • トゲラ虫の体液

この中のいずれかに、王獣や闘蛇の生殖機能に影響を与える成分が含まれるとみられ、これがメスの闘蛇に投与された場合、卵管への腫瘍の発生と無精卵の生成、排出を促す。その結果、腫瘍ができた卵管に無精卵が詰まり、闘蛇を死に至らしめるのである。
主人公エリンの母、ソヨンが処刑される原因となった闘蛇の大量死もこれが原因だったと思われる。

王獣の場合、闘蛇ほど命に直接関わる疾患にはつながらないが、やはり生殖機能に影響を与えるらしく、これを与えられた王獣は繫殖に関する行動を一切行わなくなるほか、与えられずに育った王獣と比べて体毛の色がくすむ。

関連タグ

獣の奏者
闘蛇
王獣

関連記事

親記事

獣の奏者 けもののそうじゃ

兄弟記事

コメント