ピクシブ百科事典

独角兕

どくがくじ

独角兕とは、峰倉かずや作の漫画及びアニメ『最遊記』の登場人物である。
目次[非表示]

人物

身長188cmぐらい
趣味木彫り、アコースティックギター
嫌いな食べ物すっぱい物
特技剣技、草笛
CV菅原正志(CDドラマ)松本大(幻想魔伝)小杉十郎太(RELOAD) 山野井仁(BLAST)


概要

三蔵一行と敵対する牛魔王サイドの妖怪、紅孩児の仲間。原作小説の独角兕大王がモデル。
豪快で男臭い性格で、紅孩児の事も『紅』と呼んで気さくに接する兄貴的存在。

その正体は沙悟浄の異母兄。幼名は沙爾燕(さじえん)。
悟浄を虐待する母とは反対に兄弟として優しく振る舞い、当時の悟浄にとって唯一の救いであり支えでもあった。だが、ある日、母の誕生日に二人で選んだ花がきっかけで悟浄が殺されそうになり、助けるためとはいえ母を殺害してしまう。
その後爾燕はこのままでは弟に迷惑がかかると思い家を飛び出し出奔。各地を放浪していた所を紅孩児に拾われ、今の名に改める。
舞台版では母と近親相姦の関係にあったような描写がある。

似たような紅い髪と生い立ちから、紅孩児に弟(悟浄)の面影を重ねている節があったが、今はひとつの家族として紅孩児たち仲間を何よりも大事に思っている。
現在、弟の悟浄とは同じパワータイプである事と互いに守るものが出来たもの同士、好敵手のような関係。
武器は刃の部分に巨大な目玉がついた身の丈以上の大刀。

関連イラスト

初 独角兕
「泣くなよ」



関連タグ

最遊記 
紅孩児 八百鼡 李厘   悟浄

pixivに投稿された作品 pixivで「独角兕」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16077

コメント