ピクシブ百科事典

環境ホルモン

かんきょうほるもん

内分泌攪乱物質(ないぶんぴつかくらんぶっしつ、endocrine disruptor)とも呼ばれる化学物質。

概要

ホルモン体内で生成されるのに対して、環境ホルモンは外部から取り入れられて体内でホルモン同様の働き(大概悪影響)をもたらす。

特に化学物質が注目され、一時期もてはやされた概念であるものの、環境ホルモンが原因で発生したことが確定している環境汚染の事例は極めて少ない。

近年では人口増加によって女性の尿に含まれる女性ホルモンが大量に都市部近郊の海や川に排出されており、魚類や貝類などの水生生物に影響を及ぼしているとの考えもある。

詳細

コメント