ピクシブ百科事典

畜生ペンギン

ちくしょうぺんぎん

東京ヤクルトスワローズのつば九郎の別名。
目次[非表示]

概要

東京ヤクルトスワローズマスコットつば九郎の別名。略して「畜ペン」。

なのにその体系から「ペンギン」と呼ばれていることと、親記事にある数々の畜生パフォーマンスからこう呼ばれるようになった。

余談

ナムコから1992年に発売されたスーパーファミコン用ソフト「スーパーファミスタ」には裏チームと言う能力データ的には元々それぞれのチームのOB集団にするはずが、大人の事情でイメージ化させたチームが、対応する球団にLボタンを押せば選択できるコマンドがあった。
(基本的にスーパーファミスタでは先攻後攻問わずホームカラーのグラフィックで表示されるが、裏チームは逆にビジターカラーで表示される)
その東京ヤクルトスワローズに対応する裏チームはペンギンズ
もう一度言う。ペンギンズである。
モチーフはをテーマにした感じなのだが、どさくさに紛れてペンギンという選手もしっかりいる。

ヤクルトとペンギンと言う関係はやはりどうあがいても切っても切れない、ある種のをうかがわせる。

なお、マジレスすると、このペンギンという選手のモチーフはつば九郎ではなく、1978年初優勝時でも活躍し、がんばれタブチくんでもお馴染みのヤクルトOBの安田猛(あだ名はペンギン)の事と思われる(安田の現役当時はつば九郎はまだ存在しておらず、スーパーファミスタの発売2年後の1994年に誕生している)。

さらに追い討ちをかけるようにあの魔将も滑るような一見お世辞にもカッコいいようには思えないが、よく見ると空気抵抗的な意味で合理的で無駄のない独特の走り方から「カナディアンペンギン」という通り名も頂戴していた。
左ゴ本のあとの弾丸ホーマーからわかる攻撃力、ターフルも太鼓判を押すレンジファクター1.9を超す鉄壁の守備能力、そして前述の無駄のない高速移動から彼の走攻守バランスよく高い実力者としての証左を示すものとなっている。
とにかくいえることは、ヤクルトとペンギンの因果関係はどうあがいても断ち切れないことである。

関連項目

風評被害(ペンギンにとって)

関連記事

親記事

つば九郎 つばくろう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「畜生ペンギン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 279826

コメント