ピクシブ百科事典

直衣

のうし

平安時代以降の天皇、皇太子、親王、および公家の平常服。 外見上は衣冠とほぼ同じで、袍であるのに色目・紋様も自由なため「雑袍」と呼ばれている。

概要

語源は「直(ただ)の衣」という意味で、日常平常着である。
ただし、の一種なので公服とされ、着用層が限定、かつ日常の着用でも勅許が必要であったとされている。
勅許があれば、「冠直衣」という烏帽子の代わりにをかぶった直衣での参内もあったようである。

関連タグ

和服 和風  古典 平安 平安時代 平安装束
衣冠 百人一首

pixivに投稿された作品 pixivで「直衣」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16365

コメント