ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV.福島潤

概要

茂野吾郎のライバルで元メジャーリーガー眉村健と、彼の高校時の恩師早乙女静香(眉村静香)の息子。4人兄弟の末っ子で、眉村道塁は双子の姉。

左投げ左打ち。

リトルチーム所属当時のポジションは投手だったが、中学までは父から投球禁止命令を出され、東斗ボーイズでは捕手に転向し、道塁に投手の座を譲っている。
打者としても非凡なセンスを持っており、4番打者として佐藤光からホームランを打っている。

容姿や性格は父親の健に似て、クール且つ冷静な性格で、上からの目線で物を言うことが多い。リトルチームに所属している頃から、ジムのように設備が充実した自宅のトレーニングルームで身体を鍛えている。
双子の姉の道塁に対しては、彼女のミーハーな態度に振り回される一面もあり、何故か自宅で立ち小便をしていることを知られている(アニメでは母・静香のシャンプーをこっそりと使っていることを道塁に知られていることに改変されている)。

小学生編

眉村姉弟


リトルチームの東斗ボーイズで、捕手として道塁と姉弟バッテリーを組み、姉弟でチームを牽引している。背番号2。

東斗ボーイズ入団当初は野球未経験だったが、持ち前の能力と吸収力で徐々に実力を上げ、監督から投手を薦められてからは、数ヶ月で卜部からエースの座を追い越すほどの実力を身に付けた。

卜部からライバル視されているものの、自身は捕手に回った事情等もあるとはいえ渉自身は卜部をあまり意識しておらず、相手にしていない。

大吾ら三船ドルフィンズとの試合の前に、道塁と共に大吾宅を訪れているが、茂野吾郎のファンの彼女に終始振り回されていた。

三船ドルフィンズとの試合では、佐藤光が禁止されている変化球を投げたことを審判に抗議したり(アニメではこの描写はカットされている)、彼からホームランを打つなど活躍し、勝利を収めた。

中学生編

道塁とは違う中学に進学しており、硬式野球の横浜シニアに所属している。
染めたのか髪の色が変わっており、体格も良くなり姉の道塁の身長を更に越している。

当初は渉と共に横浜シニアに所属していた道塁が体格差を理由に戦力外通告を受けて自主退団し、大吾の所属する風林中野球部との合同チームで軟式野球の右投げで野球を続けることになった彼女を後押し。
時々助言をしたり、アドバイスを送っている。

アニメ第2シーズンでは、原作の連載に先駆け道塁の回想シーンで中学生編初登場しているが、髪型はリトル時代のままだった。

関連タグ

MAJOR2ndメジャーセカンド眉村健

関連記事

親記事

MAJOR2nd めじゃーせかんど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「眉村渉」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 923

コメント