ピクシブ百科事典

眠り竜シン

ねむりりゅうしん

フロムソフトウェア開発のアクションRPG『ダークソウル2』に登場するボスキャラ。
目次[非表示]

概要

追加DLC第一弾『深い底の王の冠』に登場。
『聖壁の都サルヴァ』を訪れたプレイヤーの前に姿を現す巨大な
サルヴァ深部の『眠り竜の褥(しとね)』にてプレイヤーと対決するボスである。

設定

サルヴァが築かれる以前から地の底で眠り続けていた竜であり、その身に毒を溜め込んでいた。
『深い底の王』はシンを都の守護竜とし、シンを奉る『竜の聖壁』を作ったり、
シンを眠らせ続ける為に子守唄を歌う聖壁の巫女を配するなど、手厚く信仰していた。

だが、英雄ヨア率いる竜血騎士団がサルヴァへ侵攻してくる。
彼らは「竜の生血を浴びる事で生を超越した存在になれる」という教義を持っており、
その妄想同然の教義を実現する為にシンの生き血を狙っていたのである。

ヨアはシンを護ろうとする『深い底の王』を殺害、
眠っていたシンに槍を突き刺すが(この『ヨアの槍』は今だシンの身体に突き刺さっている)、
目覚めたシンの身体からは溜め込まれていた大量の毒が放出されてしまう。

結果、サルヴァは毒に覆われた死都と化し、毒を間近で浴びたヨアも消息不明となった。
(眠り竜の褥には『ヨアの指輪』を持った死体が転がっており、これがヨアの亡骸と思われる)

この惨劇を生き延びた竜血騎士団の残党は母国リンデルトに逃げ帰った後、
サルヴァから略奪した叡智を利用して『古竜院』を結成。竜血騎士団の所業を隠蔽した。
その為、リンデルトには「かつて騎士団が人々を苦しめた毒竜を退治した」という、
古竜院の手で作られた偽りの英雄伝説だけが伝わっている。

ボスキャラとして

ボス部屋へ侵入した直後は眠っているが、近づくと目覚めて襲い掛かってくる。

その巨体から繰り出されるタックルなどの格闘攻撃は破壊力抜群なうえ、
口から吐き出す火炎や火球には猛毒属性が付与されており、
特に火球は着弾地点に猛毒の霧を発生させる為、炎と毒への対策が必要となる。

更に空中を飛行しながらの攻撃が多い為、近接武器では攻撃機会が限られてしまう。
(すぐに空中へ逃げるので某空の王者になぞらえて揶揄される事もある)
また、シンに攻撃すると武器の耐久値が異様に消耗していく特性があるため、
事前に交換用の武器や修理の光粉を用意しておかないと戦闘続行が困難になりかねない。

幸い、ボス部屋の前には篝火があり、付近には二人の白霊召還サインが存在する。
ここで呼び出せるNPC『超越者エディラ』は好戦的なうえに異常にHPが高く、
窮地に陥ると回復もする優秀な白霊なので、召還しておけばかなり有利に戦えるだろう。

撃破することで『眠り竜シンのソウル』、『深い底の王の冠』を入手出来る。
前者は武器屋オルニフェクスに渡す事で『ヨアの槍』と物々交換する事が可能。

関連項目

ダークソウル2 穢れのエレナ

関連記事

親記事

ダークソウル2 だーくそうるつー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「眠り竜シン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4267

コメント