ピクシブ百科事典

煙の騎士

けむりのきし

フロムソフトウェア開発のアクションRPG『ダークソウル2』に登場するボスキャラ。
目次[非表示]

概要

追加DLC第二弾『鉄の古王の冠』にて登場。
スマートなシルエットに繊細な装飾を施した黒鎧を纏い、
メインステージである黒霧の塔のボスとしてプレイヤーを待ち構える。

ボスキャラとして

戦闘序盤は直剣と特大剣を用いた二刀流で緩急のある攻めを繰り出してくるが、
ある程度HPが減ると直剣を捨て、闇の炎を纏った特大剣一本での攻撃に切り替えてくる。

この特大剣モードがとにかく凶悪で、DLC配信直後から多くのプレイヤーを血痕に変えた。
前作の登場ボスであるグウィンアルトリウスを髣髴とさせるアグレッシブな近接攻撃、
広範囲かつ超高威力のなぎ払い、さらに全方位をカバーする衝撃波や火球まで飛び出す始末で、
隙を見せぬ多彩な攻撃パターンがプレイヤーの心を容赦なくへし折ってくる。

しかし、いずれの攻撃も慣れてしまえばローリング主体での
回避や反撃はそう難しくないので、何度でも死んでタイミングを見極めよう。

あの王盾ヴェルスタッド同様、小細工なしの
ガチンコ勝負ができるボスとしてプレイヤーからの評判は上々である。
(もっとも、無策で挑むとボス部屋に配置された回復ギミックに苦しめられるが…)


この先、ゲーム本編やDLCの微細なネタバレを含みます。












その正体は(ネタバレ注意)

かつてヴェルスタッドと共にヴァンクラッド王の
双腕として名を馳せた騎士、レイムであった。

詳細は語られていないが、二人はいつしか反目し合い、
ヴェルスタッドとの戦いに敗れたレイムは反逆者として追放された。
その後、流れ着いた黒霧の塔で大いなる闇の残滓の一つである
煤のナドラのソウルに母性を見出し、闇と共に生きる道を選んだ。

ちなみに、ヴェルスタッドを撃破した後に入手できる
彼の兜を装備して戦闘に挑むと、開幕から特大剣モードで襲い掛かってくる。
それは自分を追放した仇敵への恨みか、
あるいは、戦友の装備を簒奪したプレイヤーへの怒りか…

彼の持つ特大剣「煙の特大剣」はDARK SOULSⅢにも登場しており、「騎士狩りゾリグ」
というNPCが使用する。
特大剣でありながらその攻撃は打撃属性であり、更に特大剣で最も重く、とてつもない筋力を要求される代物。発売当時は装備できれば超火力を叩き出せる武器として流行したが、現在は下方修正されて大きく弱体化している。

装備の説明では
「古い反逆者の武器であったというが
その重さから誰も振るう者なく
やがて歴史から忘れ去られた」
という記述が見られる。

関連イラスト

反逆者レイム
煙の騎士


黒霧の呪縛
煙の騎士



関連項目

ダークソウル2 王盾ヴェルスタッド 反逆者レイム

pixivに投稿された作品 pixivで「煙の騎士」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 59993

コメント