ピクシブ百科事典

デュナシャンドラ

でゅなしゃんどら

『ダークソウル2』に登場する最重要キャラクターの一人。
目次[非表示]

概要

ゲーム本編の舞台である古の国『ドラングレイグ』の王妃
夫のヴァンクラッド王や義兄アン・ディールと共に国を興し、その盛衰を見た。
国が亡国と化した今もドラングレイグ城におり、往年と全く変わらない姿で佇んでいる。

4つの偉大なソウルを得る試練を成し遂げた不死(プレイヤー)は彼女との謁見を許され、
彼女から「ヴァンクラッドに会う」、「王座に辿り着く」という新たな使命を託される。
同時に「王は二人と要らぬ」という、夫の死を望むような言葉をもかけられるのだが……?

なお、前作の王女とは異なり、攻撃しても効果が無く、敵対することもない。



(以下ネタバレ)

















正体

『渇望の玉座』へ辿り着いたプレイヤーの前に立ちはだかる本作のラスボス
彼女の目的はプレイヤーを利用して王座への道を開かせ、
自らが王座について『はじまりの火』を継ぎ、その偉大なるソウルを手に入れる事だったのだ。

彼女の正体は深淵の主マヌスの落とし仔であり、『渇望』の使徒。
落とし仔たちは王になろうとする者達を誑かし、その傍で影のように暗躍していた。
ヴァンクラッドが巨人の国へ侵攻し、結果的にドラングレイグが衰退・滅亡したのも、
彼がデュナシャンドラに唆された結果に他ならない。

渇望の
渇望のデュナシャンドラ



『渇望の玉座』での再会時には王城に居た頃とは似ても似つかない、
無数のの集合体のような悍ましい姿で現れる。
恐らくこの姿こそが、深淵の落とし仔としての真の姿なのだろう。

戦闘時には強力な闇術と、手にした長大な鎌による斬撃を仕掛けてくる。
また、戦闘開始と同時に、周囲に4つの闇のオブジェを召喚。
これに近づくと闇属性スリップダメージを受けると同時に呪いゲージが蓄積するため、
デュナシャンドラ本体よりもオブジェを優先して攻撃、破壊することが重要になる。

攻撃力自体は強力だが動作は鈍く、防御力もそれほど高くはない為、
物理カット率の高い盾や、闇耐性の高い防具を用意すればそこまで苦戦しない筈。

なお、出現条件を満たしたうえで『渇望の玉座』へたどり着くと、
前座となるボス『玉座の監視者・玉座の守護者』からの二連戦になってしまう。
更にDLCを導入し、既にヴァンクラッドを倒していた場合、
デュナシャンドラを倒した直後に隠しボス『原罪の探究者』が乱入、三連戦となる

ただし、連戦に敗北しても倒したボスが復活するわけではなく、
連戦時には専用のムービーが用意されているため、敗北覚悟で挑んでも構わない。

関連項目

ダークソウル2 ヴァンクラッド 
深淵の主マヌス 穢れのエレナ 沈黙のアルシュナ

pixivに投稿された作品 pixivで「デュナシャンドラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2770

コメント