ピクシブ百科事典

禺彊

ぐうきょう

中国神話や山海経に記載される神々の一柱。

概要

中国神話や『山海経』のその記述がみられる神々の一柱。

海神にして風神であり、疫病を運ぶ厄病神としての側面を持つで、一説によれば“三皇五帝”の1人・黄帝の孫にあたるとされ、“愚強”、“愚京”と表記される事もある。

海神としての禺彊は魚のような体と手足をしており、二頭のに乗っているとされ、北海に住んでおり、天帝の命により、かつて渤海(ぼっかい)の東方に浮かぶ根が無い為に常に安定せずに波で絶えず上下してどこに行ってしまうか分からない聖仙たちの住む5つの島を安定させる為に15匹の巨大な亀を動員したといわれている。

風神としての禺彊は人面鳥体の姿をしており、青蛇二匹を耳に飾り付けた容姿をしており、青蛇を二匹踏みつけているとされ、北方を支配しており字(あざな)は“玄冥”。

五帝の1人・顓頊の家臣にして疫病神でもあり、至る所で人を傷つけるとされ、同じ疫病神である伯強と同様の存在ともいわれており、禺彊が起こす北西の風に当たると病気になるとして北西風を“厲風(れいふう)”と呼んで襲たといわれている。

関連タグ

中国神話 山海経 顓頊 黄帝

関連記事

親記事

中国神話 ちゅうごくしんわ

兄弟記事

コメント