ピクシブ百科事典

第二号型海防艦

だいにごうがたかいぼうかん

大日本帝国海軍の建造した海防艦のグループのひとつ。通称「丁型海防艦」。
目次[非表示]

概要

大日本帝国海軍により太平洋戦争中に南方航路の船団護衛向けに建造された海防艦。同時期に建造された第一号型(丙型)海防艦とは艦形・兵装ともに近いものの、搭載している機関の種類が異なる(第一号型がディーゼル機関を搭載しているのに対し、第二号型は蒸気タービン機関搭載)ため、速力や燃料搭載量などに違いが見られる。
艦名は、第一号型の“奇数”に帯して、“偶数”が割り振られている。

経歴

日振型鵜来型といった量産性・対潜戦闘能力に秀でた海防艦の建造を開始していた日本海軍であったが、戦況の悪化に伴い、船団護衛に供用する護衛艦艇を揃えるにはこれらだけでは不足する事となった。そのため、これらと同時並行でより小型で設計の簡略化された海防艦を大量増産する事となり、第一号型海防艦の建造が計画された。しかし同型の主機関として搭載予定のディーゼルエンジンの製造が建艦に追いつかなくなる事が発覚したため、第一号型と同様の兵装を搭載しつつも、蒸気タービン機関を採用したこの第二号型海防艦の建造計画も立ち上げられた。
なお、いわゆる“新区分”の海防艦で蒸気タービンを採用した艦は、第二号型が唯一である。

第二号型に採用された蒸気タービン(甲25型タービン)は2A型戦時標準船向けに生産された簡素な機関だったが、出力では1基で2,500馬力と、第一号型の23号乙型ディーゼル2基(1,900馬力)を上回っていた。このため、当時の日本海軍では珍しい“1軸艦”となっている(ただし、なぜか造船所によってスクリューの回転が右回り、左回りと違っており、操艦では戸惑いがあったという)
ディーゼルエンジンよりも燃費性能の悪い蒸気タービン機関を搭載しているため、最低限の航続距離(4500海里、日本本土とスマトラ島の往復分)を確保すべく燃料タンクが第一号型の倍以上となった結果、艦形は第一号型に比べてほんの僅かだが大型化している(ただし居住性や兵装に差が出る程ではなく、誤差程度)。一方で機関出力が大きい分、速力も17.5ノットとわずか1ノットであるが向上している。
振動、騒音の小さい蒸気タービンの強みで、ソナーの効きが良い、という副次的な恩恵もあったらしい(実際、二号型の就役後、それまでのディーゼル艦の騒音が問題視されるようになり、主機に防振ゴムを噛ませる対策が検討された)

兵装に関しては第一号型と全く同一で、対艦・対空装備が12cm単装高角砲2基2門および25mm三連装機銃2基、対潜兵装が爆雷120個と三式爆雷投射機(K砲)12基および威嚇用音響弾発射用の三式迫撃砲(陸軍の九七式曲射歩兵砲を流用したもの)という構成である。

戦績

第二号海防艦の工数は、第一号型と同じく20,000程度、小規模な造船所でも建造可能で、日本海軍が建造した海防艦の中では最も生産性の良い艦級となった事から、1943年10月の起工より終戦までの間に計63隻が完成している(更に戦後、復員船として建造停止となったうちの4隻が追加で竣工している)。建造の最短記録は第百九十二号の74日だが、呉海軍工廠では「70日での完成も可能」と自信を示していたという。
当初は足の短さが懸念されていたが、実戦では大きな問題とはならなかったという(戦況の悪化で、長距離の南方航路が途絶してしまったという側面もあるだろうが)
一方で戦闘能力が抑え気味だった事に加えて就役した端から最前線の船団護衛に充当され続けた事から損耗も激しく、半数近くの25隻が戦没している。
特に活躍した艦としては、多くの日本艦艇を葬った歴戦のSS-257・ハーダーを、第102号哨戒艇との協同で撃沈した第二十二号が挙げられる。第二十二号は、不確実ながら、他にもSS-213・グリーンリングにも損傷を与えたとされている。

戦後は復員輸送や掃海任務に従事、その後は中国やソ連に賠償艦として渡ったものを除けば、日振型や鵜来型のように巡視船として再就役するなどという事もなくすべて解体されている。

同型艦

艦名の番号は偶数が割り振られている。

戦中に就役


戦後に就役


関連項目

海防艦
丁型海防艦(表記ゆれ):2019年9月3日現在、ピクシブに投稿されている本級(及びその擬人化キャラ)のイラストはすべてこちらのタグが付加されたものである。

関連記事

親記事

海防艦 かいぼうかん

子記事

兄弟記事

コメント