ピクシブ百科事典

箕輪勢一

みのわせいいち

日本の漫画『嘘喰い』に登場する人物

概要

警視庁密葬課の一人。
天真の「暴力」として行動を共にしており、警視庁の地下迷宮を用いた賭郎勝負に参加する。
貘と天真の明晰な2人に埋もれているが、登場時に金を守ると言う相手の不利を見抜き、獏の時は失敗に終わるが、斑目貘マルコとの迷宮での遭遇時に有効な策を打つ、分析力と強かさを備えている。
ミオスタチン(筋肉の成長抑制因子)遺伝子の突然変異と高密度に圧縮された生来の筋骨により異常なまでの力と頑強な肉体を持つ。
一見すると中肉中背かそれ以下の体格でありながら体重は100kgを超え、その筋力はマルコの拳の直撃をものともせず、蹴りの一撃で彼を天井まで打ち上げる程であり、かつて賭郎勝負の立ち会いで彼の戦いぶりを見た能輪からは「超人」と評されている。
ラビリンス内にてマルコと遭遇し、騙し討ちに近い形で重傷を負わせる。その後、復活した、マルコとの再戦においてその圧倒的な力でマルコを追い詰めるものの、内なるロデムを乗り越えたマルコに敗れ、重傷を負う。

その後、マルコへの復讐心で重傷の身体を引きずって迷宮を彷徨う(また、前述の異常体質で常時の高カロリー摂取を必要とするため、出血を伴う重症を負った上に携帯食料のチョコバーを食べつくしてから後は、相当の飢餓状態であったことが示唆される)。
天真と合流した際には、天真の指示に従えば勝利できていたにもかかわらず、敗北のショックで精神の均衡を失っていた上、南方の罠を知らされていなかった怒りから天真を殺害し捕食。まさに迷宮で遭遇した者を襲う「ミノタウロス」と化した。最期はMPの提示で自分が負けているのを無視して貘に襲い掛かったため、悪質なルール違反を犯したとして門倉から粛清を受ける。
一瞬の隙を突いて拳で門倉の頭部を抉るも逆に頭を潰されて死亡した。

彼の回想では、母に選ばれた存在として過度のプレッシャーを受けており、食事を食べ続ける事を強要されていた。その生活への拒否を母に望んだ時、虐待を受けている(食事と一緒に勉強道具を投げ捨てられた)。

pixivに投稿された作品 pixivで「箕輪勢一」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15873

コメント