ピクシブ百科事典

※サムネは彼の想像図である。

概要

存在自体が都市伝説と化している、無敗を誇る護衛人
ただし異質な事に、その実力を発揮するのは護衛対象が殺された後という特徴があり、殺した者は絶対に生き延びられないという、いわゆる仇討ち専門の仕事人である。
キョンホジョンリョとはコードネームであり、その名前は韓国語で『護衛の終わり』を意味する。

人体を素手で解体する怪力を持ち、片手で掴んだだけで頭部をもぎ取る程度はお手の物である(嘘喰いではよくあることだが)。

性格は寡黙かつ冷静なものの、自分の事を世界と同一視しているという奇妙な面があり、自身を『我が世』と称している。
容姿は意図的に伏せられており、眼鏡をかけている事のみが明かされている。


作中では依頼人のある人物伽羅に殺された事で彼と戦い、戦闘後に伽羅共々本編から姿を消してしまった。
………が、後に斑目貘ヴィンセント・ラロとの『卍』勝負を決めた際に、ラロの協力者として招聘されている(それまでずっと伽羅と水面下で攻防戦を繰り広げていた)。



かつては韓国のとある教団の広告塔として活躍するアスリートであったが、家族を殺害されたとある事件を機に教祖を殺害。この頃にラロの組織であるアイデアルと接触し、その後は彼との繋がりを持ちながらも、上記の様に都市伝説に名を連ねる怪人と化した。

卍戦における専属立会人は拾號番代薫

関連タグ

嘘喰い
ボディガード
伽羅
ヴィンセント・ラロ

関連記事

親記事

嘘喰い うそぐい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「キョンホジョンリョ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1526

コメント