ピクシブ百科事典

結城寧

ゆうきねい

サージュ・コンチェルトシリーズの登場人物の1人。※記事自体がネタバレに付き閲覧注意。
目次[非表示]

概要

ネィアフラスクなどの台詞に度々登場する、女性と思われる人物の名前。
彼女からは強い憎しみを向けられており、物語に深く関わる重要人物であることが窺える。

関連項目

イオナサル・ククルル・プリシェール ネィアフラスク ねりこ








































以下、サージュ・コンチェルトシリーズの核心に迫る重大なネタバレが含まれています。
初見プレイの楽しみを損なう可能性が極めて高いため、未プレイヤーは戻ることを推奨します。








































正体(ネタバレ)

CV:加隈亜衣

サージュ・コンチェルトシリーズの根幹に係わる重要人物。
および、小説版の主人公。

ゲームで登場するイオンの正体。
序盤のストーリー(記憶の世界)では正統な天文皇女と説明され、本人もそのように振舞っていたが、実は別の世界から連れてこられた全くの別人である。本物は・・・

ゲームの舞台となる惑星ラシェーラは、太陽の膨張により崩壊の危機に瀕していた。ラシェーラを支える二大派閥である天文と地文は、早急にその対策を立てるよう迫られていた。
天文は過去の研究から別次元の世界が存在し、そこから召喚された人物は人知を超えた超常的な力(作中では「俯瞰視点」と呼ばれる)を持つことを掴んでいた。そこで、この研究を利用してラシェーラを救う計画を立てる。

その計画のために選ばれ、ラシェーラへと拉致されてしまったのが彼女、結城寧である。別次元の存在ということで、絶大な威力の詩魔法を発動することができるようになってしまい、元の世界へ戻すことを条件にその力を天文のために使うよう強要される。
ゲーム開始時点(コミュニケーションパート)ではイオンは自分が寧であることを忘れており、記憶の世界(回想シーン)を中盤まで進めることで思い出す。

拉致された経緯については、ゲネロジックマシンという機械を製作したこと、(拉致されたのが)寧の自業自得であることなどが話の合間に語られていたが、詳しくは明かされなかった。
小説版2巻にて、ネット上で話題になっていた謎の設計図(ゲネロジックマシン)を好奇心で解読してしまったことが、ラシェーラと繋がってしまったきっかけであることが語られた。
尚、この設計図を流したのは天文なので、寧は言わば罠に嵌められた形となり、拉致されたのも彼女の自業自得ではない。

小説版はサージュ・コンチェルトシリーズの前日譚となっている。
1巻では平行世界の自分「ユーキ」との出会いをきっかけに、別次元を巡る事件に巻き込まれる様子が描かれる。小説版オリジナルキャラが多数登場し、サージュ本編との繋がりは薄い。
2巻ではラシェーラに拉致される少し前の話が展開され、アルノサージュDLCにも登場した寧の家族や知人が総出演するほか、物語後半はサージュ本編とリンクする内容になっている。

ファンからの愛称は「寧ちゃん」。
一方、公式生放送等では「結城寧さん/寧さん」とさん付けで呼ばれることが多い。

容姿

容姿はイオンと瓜二つだが、寧は茶髪で瞳の色がブラウンという違いがある。

シェルノサージュOFFLINEでは、アースで着ていたというブレザーの制服「メモリア」が実装された(イラスト左)。また同作では髪色を茶髪に変えられる。
また寧としての設定が深く掘り下げられるアルノサージュのレナルルおよび白鷹のジェノメトリクスでは、私服をイメージしたと思われる衣装「うめももさくら」を着ている(イラスト右)。

寧ちゃん
同じソラの下で



ファンの間ではこの二つが寧を象徴する衣装として認識されている。

人物像

我々の住む『地球』とは別の、いわば並行世界である惑星『アース』出身。
拉致された時点では大学一年生(ただし入学式前)。という妹がいる。

私立連明学園に通っていた(後に大学へ進学)、機械いじりが好きな少女。
機械工作全般に強いが、特に真空管に対しては並々ならぬ情熱を注ぐ。

得意科目は物理と数学に家庭科で、特に電子工作関係の知識や技術はプロの専門家並。
独学で人工知能ロボット「みーちゃん」および「ゆめきち」を作成しているほか、波動科学の話題にも普通についていける程。しかし運動神経は壊滅的で、社会科と並んで体育が苦手な科目となっている。

文武両道を地で行く優等生の妹と比較されながら育ち、また工作という女の子らしくない趣味を持っていたこともあって、家庭ではいつも肩身の狭い思いをしていた模様。
しかし真紀、小夜という高校時代の同級生や、ご近所さんである瀬尾夫妻など、寧の趣味や性格に理解を示す友人知人もおり、決して孤独な訳ではなかった。家族との仲も、大学入試を機に改善された。

ラシェーラに拉致されてからは惑星を巡る数々の陰謀に振り回され、幾度も絶望の淵に立たされるが、向こうの世界で得た仲間と、「あなた」との出会いに助けられ、アルノサージュのエクサピーコエンドでは、無事にアースへと帰還する。
更に連動Webサイトのシェルのサージュコンソールでは、「あなた」との再会を夢見て次元の研究を始めたことが語られる。

もしも彼女がラシェーラへと拉致されずに普通に人生を送っていたならば、少々引き籠りがちな暗い性格のオタク少女で、機械いじりも趣味程度であったらしい。
(しかし小説版の描写を見る限り、明らかに趣味レベルを超えている)

イオナサルとなってからの彼女についてはこちらで解説されているので、参照されたし。

関連記事

親記事

イオナサル・ククルル・プリシェール いおなさるくくるるぷりしぇーる

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「結城寧」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25642

コメント