ピクシブ百科事典

老王オーラント

ろうおうおーらんと

老王オーラントとは、フロムソフトウェア開発のアクションRPG『デモンズソウル』に登場するボスキャラ。
目次[非表示]

概要


貴様も見てきただろう もとより、世界とは悲劇だ


かつてソウルの業によって栄えた北の大国、ボーレタリアの12代目国王。
全てのデーモンの祖である「古き獣」を蘇らせ、かの国の滅亡を招いた張本人。
本ゲームにおける全ての元凶であり、事実上のラスボスである。

「ボーレタリア王城」の最終ボスとして登場。
白銀の長髪、深紅の眼光、老いを微塵も感じさせぬ堂々たる体躯。
その全身から溢れるような風格はまさに王の器と言うべきか。

ボーレタリアに代々伝わる伝説の剣の一つ「ソウルブランド」を手に取り、
頑然とプレイヤーの前に立ちはだかる。

ボスキャラとして

「出るゲームを間違えているのでは」と思う程の超速ダッシュ、
攻防一体の華麗な足運び、ボス部屋の端まで届く気刃、
まともに食らえば即死一直線の連撃、高威力かつ広範囲の全体衝撃波、
さらにはプレイヤーのレベルを下げる掴み攻撃と、
これでもかとばかりに厄介な攻撃が揃っている。

マンイーター炎に潜むものと並び、本ゲーム中屈指の難敵と言える。

打開に近道はなく、何度でも挑戦して相手の動きを覚え、
小細工なしの真っ向勝負で競り勝つのみである。
(実は簡単に倒せる裏技もなくはないのだが、あえて割愛する)

余談

この先は、本ゲーム終盤の展開に関するネタバレを含んでいます。















彼を撃破することで得られるソウルは「偽王のデモンズソウル」
この後に要石の説明を見ても分かるように、王城で戦ったのは彼の化身であり、
本物のオーラントではなかった。

本物は全てのデーモンを倒すことで行ける「古き獣」の体内で
醜く無様な姿に成り果てた「なりそこないのオーラント」であった。
もはや動くことすらままならない身体を引きずり、
意味深な言葉を吐きかけながらプレイヤーに最後の抵抗を試みる。

これが本ゲームのラストバトルになるのだが、
よほどふざけていない限りは負ける要素のない、事実上のイベント戦である。
(もっとも、ストーリーの周回を重ねれば攻撃力は侮れないものになるが)
これを撃破すればめでたく(?)エンディングである。


滅びを留めるか、あるいはデーモンの僕となるか・・・


関連タグ

デモンズソウル

pixivに投稿された作品 pixivで「老王オーラント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3665

コメント