ピクシブ百科事典

「腹肉」とは、周りに形成され、腹部に位置する内臓への衝撃を軽減する製の天然である。
歯に衣着せぬ言い方だと、怠惰な生活により腹周りに付いた無駄な肉である。
もっとも、贅肉の付きやすさは体質なので、どれだけ食べても腹肉の付かない人などはいる。
また、ただの無駄な肉ではなく、過剰な栄養を貯蔵して飢餓に備える役割(本来の役割)や、外的衝撃からの腹腔臓器の防御の役割も持つ。

コメント