ピクシブ百科事典

艦これ必殺仕事人

かんこれひっさつしごとにん

必殺仕事人を原作とした、艦隊これくしょんシリーズの二次創作作品。ニコニコ動画に投稿されているMMD版と、pixivに投稿されている小説『外伝』がある。
目次[非表示]

概要

pixivユーザーであるDell1341氏による艦隊これくしょんの二次創作作品。
必殺仕事人をモチーフとしており、夜崎御影提督と、その部下である艦娘達が、弱い者たちの晴らせぬ恨みを、金を受け取り晴らし、この世のためにならない悪党を闇に葬っていくというダークファンタジーストーリー。
不条理に泣く艦娘や社会的弱者の晴らせぬ恨みを晴らす勧善懲悪モノではあるが、あくまで裁く側も悪党であり、決して正義の味方ではない仕事人一味の生き様を映している。

MMD版は主人公である夜崎御影と、後に妻となる加賀、赤城をはじめとした裏稼業に手を染める艦娘による一話完結の様式(現在は第6話まで公開中)
小説版はMMD版から時が流れ、御影の娘にして仕事人を志す夜崎かがなや彼女の兄弟達(全員が御影の子供)、及び彼女達と志を共にする艦娘達に重きを置くストーリーとなっている。


主な登場人物


夜崎御影


艦これ必殺仕事人より 仕事人・黒染め(夜崎御影)※模写




劇中を通しての主人公であり、仕事人を一手に担う元締。
MMD版では提督だが、小説版の『艦これ必殺仕事人・外伝』では七元帥の1人にして参謀。
愛用する得物は日本刀『十六夜影光』



加賀


御影と共に仕事人稼業に邁進する艦娘。
裏世界では三味線の糸を悪人の首に巻き付け、吊り上げて窒息死させる凄腕の仕事人で、『三味線屋の加賀』の異名を取る。
多くの艦娘を娶っている御影の正妻で、後に誕生する夜崎かがな、夜崎景正、夜崎景義・夜崎かがの・夜崎かがみ・夜崎かがりの実母。



赤城


艦これ必殺仕事人より 飾り職人の赤城



加賀と同じく、御影と共に仕事人稼業を行う艦娘で、第二夫人。
仕置きのスタイルは刺突に特化した特製の簪で標的を貫くというもの。通り名は『飾り職人の赤城』。
御影の子供の1人にして仕事人でもある夜崎秀影の実母。



飛龍


仕事人の艦娘で、第四夫人。飛龍院翔子の偽名を持つ。
各所に絡繰りを仕込んだ特製の仕込み三味線を操る殺し屋で、なかでも鋭利に研ぎ澄ませた撥による零距離からの暗殺を十八番としている。『三味線の飛龍』の異名を持つ。
御影との間に『優香』という娘がいること以外明かされていないが、彼の事を呼び捨てにする数少ない仕事仲間(兼、奥様)。



蒼龍


裏の世界で暗躍する仕事人の1人で、御影の第三夫人。
直接的な仕置に参加する事は無いが、諜報員として標的の情報や仕事人に耳寄りな話を仕入れてくるなど裏方に徹しており、その手腕の良さから『万屋の蒼龍』と呼ばれている。



大鳳

加賀、赤城、蒼龍、飛龍達と同じく裏の世界で暗躍する仕事人の1人で、第五夫人。
外伝第五話と、コラボ作品『必殺!艦これ渡し人』でライデン瓶を使い対象を電撃死させる仕事人として登場。
『必殺!艦これ渡し人』では、電磁石付きの投石機を使い、サポート役も行っていた。
御影の子供の1人にして仕事人でもある夜崎順一の実母。


翔鶴


加賀や御影たち、妹の瑞鶴と共に裏稼業に邁進する仕事人艦娘の1人で、第七夫人。
『組紐屋の翔鶴』の通り名を持つ仕事人で、外伝第五話では三角錐の分銅鋲を先端に付けた、緑色の組紐を得物とする絞殺系の仕事人として登場した。
コラボ作品『必殺!艦これ渡し人』では赤と黒の鈴付き組紐を使った。
後に仕事人の1人となる夜崎撫子の実母。



瑞鶴


姉の翔鶴と共に仕事人稼業に邁進する艦娘で、第八夫人。
外伝第五話では手槍を、コラボ作品『必殺!艦これ渡し人』では花の枝を使う刺殺系の仕事人。
作中では『直政』という子供がいることが語られている。
通り名は基本的に『鍛冶屋の瑞鶴』なのだが、得物が二通りあるので『花屋/鍛冶屋の瑞鶴』と表記されることも。



山城


加賀、赤城達と同じく、夜崎御影と共に仕事人として暗躍する艦娘の1人。
仕事人としては古参にあたり、金属製の折鶴をつけた釣竿で標的を始末する事から『夜鶴の山城』の異名を取る。
ある仕事の際に失敗して姿を晦ましていたが、現在は復帰している。



ビスマルク


加賀や御影たちと共に仕事人として暗躍する艦娘の1人。
オイゲンと共にドイツ出身の艦娘で、過去に本国から国外追放処分を受けたところを御影と出会い、彼の下に就いている。
標的を素手で殺害する体術系の仕事人であり、仕事の際には自作の短歌を詠む癖がある。



プリンツ・オイゲン


御影たちと共に仕事人として暗躍する艦娘の1人。
同性愛を嫌悪しており、同性愛を強要する提督の鎮守府を脱走したことで海軍刑務所に服役していた過去を持ち、御影に拾われてからずっと彼の下に就いている。
ビードロを得物としており、端の球形部分を悪人の眉間に打ち付けて割り、鋭利に欠けた管の部分で突き刺す。



リットリオ


加賀や御影達と共に仕事人として暗躍する艦娘の1人。
御影と出会った経緯は明かされていないが、仕込み刃を備えた扇子で相手を切り裂いて始末する。
改造後であるため、本来は『Italia(イタリア)』の呼び名が正しいが、旧名であるリットリオを未だに使っている。



グラーフ・ツェッペリン


夜崎参謀区に属する空母娘で、第九夫人。
出自は日本でもドイツでもない、台湾の高雄市出身で、一般の同型に比べて日本文化に強い関心を抱いている。
仕事の際は黒を基調とした衣装を纏い、絡繰り仕込の南京玉すだれを駆使して標的を仕留める仕事人『かげろうのツェッペリン』として暗躍する。



大和


加賀達と同じく仕事人として暗躍する艦娘。
凄腕の剣の使い手で、白鞘拵によく似た、切柄と呼ばれる斬首用の拵の大刀を使う。
後にかがな達に剣技を教える師範となる。





御影の子供とその仲間達






夜崎かがな


艦これ必殺仕事人・外伝より 夜崎かがな(仕事人バージョン)



外伝作品の主人公。
御影の長女であり、17歳にして海軍大佐を務め、第45鎮守府を任されている。
当初は父に内緒で仕事人稼業を行っていたが、後に御影の知る所となって最終的に認められた。
父と同じく左利きの剣士で、日本刀による剣技を得意とする。剣の腕は父親よりも上。
愛刀は御影より託された十六夜影光の身代わり『十六夜義光』。



夜崎景正


艦これ必殺仕事人・外伝より 夜崎景正提督



御影と加賀の長男。かがなと景義、秀影、撫子などの兄にあたる。
第53鎮守府(通称ゴミ鎮守府)を担う提督で、かがなと同じく仕事人として暗躍する。
仕事人としては珍しく、銃を使う。コルト・ピースメーカーを使う、射撃の名手。
当初は妹の裏稼業を父に隠していたが、後に御影の知る所となる。



夜崎景義



艦これ必殺仕事人・外伝より 夜崎景義海軍少佐



かがな、景正の弟。海軍少佐で、最初は補佐官。後に第42鎮守府司令官。
家族と同じく仕事人。子世代の中で唯1人だけカトリックに帰依している。
英国紳士が持つようなステッキを常に持っているが、実は仕込み杖で、彼の得物となっている。
今のところは父親である御影に裏稼業がバレていない。



夜崎秀影


艦これ必殺仕事人・外伝より 夜崎秀影



御影と赤城の息子。海軍特別警察隊に所属する熱血漢。16歳。
軍内刑事事件の摘発を専門とする捜査部門『捜査隊』に所属する捜査官。
脳筋であるが、決して頭が悪いという訳ではない。
怪力の持ち主で、重さ30kgの警杖を木の枝のように振り回して撲殺する。壁を突き破るなど、やることなすこと派手。



夜崎撫子


艦これ必殺仕事人・外伝より 夜崎撫子



御影と翔鶴の娘。14歳の中学生。
黒髪と黒い瞳、水色の袴と中襦袢、そして桔梗紋入りの水色鉢巻を除けば翔鶴そのもの。
独学で伊賀流忍術を極めた努力家。忍刀『新月今門』を使い、的を仕事人として仕留める。
異母兄である景正の第53鎮守府によく出入りしている。ちなみに歴女。



那珂、川内、神通


かがなと共に仕事人として暗躍する軽巡3姉妹。
かつては呉を拠点に活躍した腕利きの仕事人だったが、紆余曲折を経てかがなの部下として着任している。
那珂は蒼龍と同じく裏方に徹し、花御殿の那珂として情報収集に専念。川内は絡繰りを仕込んだ筆を得物として使用する経師屋の川内、神通は紐のついた蛇の玩具を愛用して標的を吊るし首や刺殺に追い込むことから、手先の器用さも相俟ってからくり屋の神通といったそれぞれの通り名を有している。
この内、川内は一般的な二次創作における夜戦バカとしてではなく、上司のかがなの奇行に振り回される常識人として描かれている。

明智啓吾



明智啓吾憲兵少尉 第4話以降の姿(予定)




外伝作品『艦これ必殺仕事人異聞録』に登場する憲兵少尉。
本来は生真面目な憲兵で、悪事を許さない青年であったが、ある事件で艦娘に対する暴行を立件しようとしたことが切っ掛けで命を狙われることになる。この時、憲兵組織そのものの腐敗を目の当たりにした事で仕事人に志願した。
かがなと同様に剣術を得意とし、達人クラスであるかがなと互角に切り結ぶ程に腕の立つ人物。



関連用語


仕事人


古来より存在する、法で裁く事の出来ない悪党を殺害する殺し屋達の総称。
普段は各々が正体を隠して生きているが、弱者の恨み銭が届けられた時には標的を一切逃さない暗殺者と化す。
作中では八咫烏こと夜崎御影を筆頭とした一派に加え、呉を拠点に活動していた那珂、川内、神通(通称『三番筋』)と彼女達と共に行動するかがなも殺し屋としての仕事に加担している。
本質的には報酬を受け取り人を殺める殺し屋に過ぎないが、軍部や公権力の腐敗が深刻な作中では義賊と見なされることもある。

外伝第一話から約6年ほど前、大規模な仕事人狩りが行われた末に、現在残っている仕事人の一味は夜崎御影の一味を残して全員が姿を消したとされている。


夜崎参謀区


元帥である夜崎御影が自ら管轄に置く海軍拠点。正式名称は『第七地方参謀本部隷下・第三参謀区』
他の参謀基地と異なり陸地に設けられており、塀の中に煉瓦造りの施設やコンクリート製の建物、夜崎御影一家の邸宅などが設置されている。
御影の娘であるかがなの管轄する第四十五鎮守府、長男である景正の治める第五十三鎮守府もこの管轄に入っており、裏稼業に関わる艦娘が幾人も所属している。

本来の地方参謀本部は傘下の鎮守府から寄せられる作戦結果報告書や、戦果報告書を受理し、戦果として認可するものであるが、通常ならば地方参謀が担うこの責務を夜崎御影は元帥でありながら担っている。



七元帥


この世界の日本海軍を事実上統括する7名の元帥の総称。第一席は連合艦隊司令長官である藤堂貴幸。
夜崎御影も元帥の中の1人で、末席に名を連ねている。
その権威も、御影のような表向き無能の参謀が入ったことで、近年は形骸化していると言われることも。
藤堂元帥をはじめ、列席する者の大半はかつての戦国大名と同じ苗字をしている(大名たちの子孫でもある為)。




女神会


この世界に存在する軍事結社の1つであり、女性軍人と一部の艦娘を中心に構成された軍閥である。
表向きは『性犯罪の撲滅』を掲げており、構成員以外の女性や一部の男性からも支持されている組織であるが、その本質は『男性の完全排除』を目的とした過激思考の結社である。
構成員の中には男社会で日の目を見なかった者や不条理に晒された者など多くの女性が属しており、彼女達の多くは男性を嫌悪し、上記の本質を実現させようと画策している(但しそのために犯罪に手を染めている者も少なくなく、無実の男性提督や結社の意に反した艦娘が処罰される事も日常茶飯事である)。
創始者は海軍七元帥の1人である浅野ツバキ。
外伝3話で仕事人を敵に回し、浅野ツバキとその仲間である木敷彫実をはじめとした幹部の大半を仕事人に始末され、同時に浅野ツバキ自身が過去に行った殺人事件も暴露され、現在は大幅に求心力を失っている。
作者のDell1341曰く、艦これに蔓延る百合厨を風刺したものとのことだが、他作品にも悪サイドの組織として登場するなど、影響力は強い。



浅野事件

外伝・第三話から13年前の11月25日に起きた大量殺人事件。
当時海軍閣僚であった浅野廉一郎少将が、夫妻と屋敷にいた使用人もろとも全員殺され、当時5歳の三女・なずなが行方不明となり、当時の世間を震撼させた。
憲兵隊や所轄警察などの必死の捜査にもかかわらず、また三女の行方も分からず、結局のところ迷宮入りとなっている。
当時の捜査責任者は、浅野廉一郎の長女にして、海軍特別警察隊監査局に勤務していた浅野ツバキ大佐。

外伝・第三話で、藤堂幸雄提督が独自に事件を追っていた。

ところが……後にとんでもない真相が判明する。
事件の真犯人は、浅野夫妻の娘であり、事件捜査の指揮を執っていた浅野ツバキ・浅野小梅、そして当時からつるんでいた木敷彫実の3人であった。
動機も家の家督と財産が目当てという身勝手なもので、おまけに目撃者である末妹まで殺害しようとした悪質さから、発覚して以降は女神会もろとも厳しい非難に晒された(皮肉にも、公表された頃には3人とも仕事人に殺されていた)。
三女・浅野なずなは口封じを避けるため、マスター・プラズマこと初代・電の庇護を受け、警察や軍関係者から行方不明扱いにして行方をくらましていた。
事件の真相解明後は、なずなの生存が明らかとなり、彼女が表舞台に姿を現すこととなる。

pixivに投稿された作品 pixivで「艦これ必殺仕事人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10040

コメント