ピクシブ百科事典

落穂拾い

おちぼひろい

落穂拾いとは、フランスの画家ジャン=フランソワ・ミレーによって描かれた油彩作品である。
目次[非表示]

概要

落穂拾い』は、1857年フランスの画家ジャン=フランソワ・ミレーによって描かれた油彩作品である。現在はパリにあるオルセー美術館が所蔵している。
なお、実際に収穫後の田畑に散らばる稲穂穀物を拾うことも落ち穂拾いという。

1849年6月、パリの政治的混乱やコレラを避けてバルビゾン村に疎開していたジャン=フランソワ・ミレーが描いた農民画のひとつで、『種をまく人』『晩鐘』とともにミレーやバルビゾン派絵画の代表作として位置付けられている作品である。

フォンテーヌブローの森のはずれにあるシャイイの農場が描かれている。

関連イラスト

落穂拾い


表記揺れ

落穂ひろい

関連タグ

美術 絵画 油絵
ジャン=フランソワ・ミレー バルビゾン派
農場 農民 収穫 

pixivに投稿された作品 pixivで「落穂拾い」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 49032

コメント