ピクシブ百科事典

蒲生次郎

がもうじろう

蒲生次郎とは、柳広司著の小説およびアニメ「ジョーカー・ゲーム」に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

「ここがお前たちの墓場だ」
CV:津田健次郎

概要

柳広司著の小説およびアニメ「ジョーカー・ゲーム」に登場するキャラクター。容姿媒体はアニメ版が多い。
アニメでのメイン回は第8話『ダブル・ジョーカー(前編)』
※アニメでは「幽霊(ゴースト)」と合同話。

人物像

性格は浮ついたところがない好青年で、チェスの腕前はプロ級。
元外交官の白幡樹一郎に、陸軍の機密である〝統帥綱領(とうすいこうりょう)〟を盗読したとの容疑がかけられ、事の真相を探る為に白幡と旧知の間柄である英国領事アーネスト・グラハムに接触する────公式サイトより

原作ではD機関に名を連ねている上に、公式サイトでは早々から名前が掲載されているにも関わらず、アニメ1話の集合時には蒲生の姿はなく、機関生達の会話にも一切登場していない

関連タグ

ジョーカー・ゲーム D機関 結城中佐 佐久間中尉
三好 神永 小田切 甘利 波多野 実井 福本 田崎

※ネタバレ

この先、アニメ「ジョーカー・ゲーム」に関する重要なネタバレが記載されています。


















































その正体は、D機関と敵対する風戸中佐率いる陸軍軍人で形成された特殊組織「風機関」のスパイ。
「死」や「殺し」を禁忌とするD機関とは反対に「躊躇なく殺せ。潔く死ね」という真っ当な軍人思考を戒律に掲げているため、ひとたび任務に着くや手段を選ばず行動し、躊躇なく人を殺める冷酷さを発揮する。
ちなみにアニメOPで蒲生が登場する際、銃が放たれ硝子が割れる演出が施されており、遠回しに「裏切り者」を意味していた。

しかし、敵組織にも関わらずD機関メンバーと共に1キャラクターとしてグッズ展開されており、小説などの二次創作ではD機関との二重スパイ(ダブルスパイ)設定、または「風機関解体後、実井の勧誘によりD機関に転属する」というif設定としている場合も少なくない。

pixivに投稿された作品 pixivで「蒲生次郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 31786

コメント