ピクシブ百科事典

藤枝蘭丸

ふじえだらんまる

藤枝蘭丸とは、「はいからさんが通る」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:杉山佳寿子 / 梶裕貴(劇場版アニメ)

花村家の隣に住んでいる花村紅緒より1歳下の幼馴染

歌舞伎女形役者をしており、美少年。今の時代でいうなら男の娘のはしり、と言われる事もある。
なぜか誤解も多いため、あえて言っておくが、彼は基本的には「容姿が女性めいていて、職業として女性の所作を学び、それを実践している」だけであり女装なども基本的には紅緒を案じてやった事(ただし、のちに香水をプライベートでも愛好するなど、かなり趣味めいてくる)であるため、男性としての自覚はあり、フツーに女の子が好きな人ではある。ただし本業に関連して実害を被っている(後述)ために(紅緒以外に対しては)女性恐怖症でもある。(このあたりの表現に関しては男の娘の項目も参照)

女性的で大人しい性格ゆえに小さな頃からお転婆な紅緒には振り回されがちであったが、ずっと彼女に片想いしている。そして彼自身もトラブルメーカーなところがある。
幼い頃から歌舞伎ファンの女性に追い回されて苦労しているため、心を開ける女性が紅緒くらいしかいない、というのも大きい。そのため基本的には「女性恐怖症」状態にある。
紅緒が伊集院家へと花嫁修業に出された折には、彼女のおつきのメイド「蘭子」として潜入し、彼女を見守……ろうとして、逆に守られてしまう。

伊集院忍の戦死後、紅緒から実家に戻るよう諭され泣く泣く役者稼業に戻った。歌舞伎座に取材に行った紅緒と再会し、その後もなにかと手助けをしている。紅緒を一途に想い続けるが、ついに弟分としてしか見てもらえなかった。

連載終了後の彼を主役とした番外編『蘭丸さま純情詩集』では、紅緒と正反対(に見える)ファンの少女「叶そのこ」に心惹かれ、自身の努力の果て見事に交際まで至るが、最後の最後で、とんでもねーオチが待っていた。
まぁその辺は、まだ良くも悪くも70年代の少女漫画なので、今の観点からしてみれば、それほどドぎつくもないし人によっては予想もできたオチではある。あまつさえ外国に行った某編集長には同じく番外編である『冬の朝パリで』にてさらにお姉様大歓喜なオチ(一応少女漫画である一線は保っている)が待っていたワケだし。

関連イラスト

蘭丸くん
ユメミテイタイ



関連タグ

はいからさんが通る メイド 歌舞伎 女形 幼馴染 片想い トラブルメーカー

pixivに投稿された作品 pixivで「藤枝蘭丸」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5896

コメント