ピクシブ百科事典

概要

蚣蝮(はか、ばしゃ、こうふく)とはの文人・楊慎著の『升庵外集』の説における竜生九子第6子で、覇下と書かれる場合もある。

頭に一対の角を持つに似た顔に、鱗に覆われたの様な胴体を持つ姿をしているとされ、水を好み、そのような場所を守護し、水の気が濁らぬように見張る存在とされる。

また一説によれば、天の戒律を犯した罪で下界に落とされ、千年の間、運河の監視役を命じられ、千年後に解放された時には何時しか人々の英雄として称えられるようになったという。

関連タグ

竜生九子

関連記事

親記事

竜生九子 りゅうせいきゅうし

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「蚣蝮」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6

コメント