ピクシブ百科事典

概要

が生んだ9匹の子供たちである竜生九子の1匹。
『升庵外集』の説では7番目、『懐麓堂集』の説では2番目の子供とされる。

山犬の首を持った龍の姿をしており、勇猛果敢で気性が激しく、争いや殺戮を好むとされる。

その一方で竜生九子でただ一匹、妻子を持っている為、家族を大切にし、情に厚いという一面を持っており、頼られたら必ずそれにこたえてくれるとされ、自分が守ると決めた人たちに害を与える存在だけでなく、ありとあらゆる悪意悪念災厄を食い尽くし、睚眦に一度目を付けられたが最後、どんなに強大な存在であっても徹底的に追い込まれ、必ず打ち滅ぼされてしまうという。

また、その眼力には凄まじい力が宿っているとされており、敵を怯ませ殺害するだけではなく、ありとあらゆる願望を叶えてくれるとされ、その力にあやかろうと古くから王宮の飾りなどに用いられ、殺す事を好むという気性から、刀の輪や剣の鯉口、罪人を処刑する為に道具に掘られ、三国志時代には軍旗の図案に多く用いられていたという。

関連項目

竜生九子 神獣

関連記事

親記事

竜生九子 りゅうせいきゅうし

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「睚眦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 100

コメント