ピクシブ百科事典

負屓

ふき

李東陽著の『懐麓堂集』の説における竜生九子の1つ。

概要

明時代政治家にして詩人李東陽著の『懐麓堂集』の説における竜生九子の一つ。

贔屓と同じく8番目の子供だとされ、大変聡明で、文章の読み画を好んでおり、それ故に石碑の頂などに絡みついているといわれている。

関連タグ

竜生九子

関連記事

親記事

竜生九子 りゅうせいきゅうし

兄弟記事

コメント