ピクシブ百科事典

覚醒敵兵

かくせいてきへい

覚醒敵兵とはファイアーエムブレム覚醒に登場する名の無いモブ敵たちの愛称。

ファイアーエムブレム覚醒における、これまでのシリーズ作品になかった新要素(?)の一つ、
名前の無いモブ敵に顔グラフィックがついたことから生まれた愛称。

これまでの作品において、名前のない一般兵士こその登場はあったが
その殆どが色違いの使いまわしや目元が隠れている(ユニットとしての顔グラもアイコン表示)など、
いかにもモブ全開というデザインであった。

しかし今作においては、それらのお決まりを大いに覆し、
なんとクラス一つ一つにそれぞれの顔グラがつくという異例の優遇を受ける。

その中には普通の主要キャラと言っても十分通用しそうなデザインの輩もおり、
戦闘においてもダメージを受ければ他の味方メンバー同様表情が苦いものへと変わり、
ランダムではあるが妙に耳に残る戦闘ボイスも聞ける。
(例:「馬鹿なッ!?」「おのれぇ…」「認めん…」など)

…とまあ、キャラの立ちようは明らかにシリーズ随一であり、愛着を持ったプレイヤーも幾人か居るとか。

ストーリーにおいては、当然クロムたちの前に立ち塞がる敵兵として登場する。
フェリア兵、ペレジア兵、ヴァルム兵、ギムレー教団、ならず者、など
ステージにおいてその所属はまちまちであり、作中においての大まかな種類などは
大体が敵専用クラスである「ソルジャー」が代表となっていが、
極稀にペレジア兵として「ドラゴンナイト」、密偵役として「アサシン」、
ウードが登場するステージでは「賢者」が登場している。



(余談だがストーリーにおいてボスでもない一般兵の上級職が登場するのは
第11章「暗愚王ギャンレル」において「勇者」と「賢者」が最初となっており
それぞれマスタープルフや精霊の粉、はやての羽などの貴重なアイテムを所持している。

しかしどちらも上級職なだけあり、
ステージボスであるギャンレルに引きを取らない強力な能力値を有しており、
周囲には自らの下級職である「傭兵」「戦士」「魔道士」を増援含め大勢配備しているほか、
後方からは「ドラゴンナイト」が飛来してくる為、極めて厄介な相手である。)



なお、パリスとともに戦うモブユニット達は、イーリスの天馬騎士団員も含めた
各国の兵から集まっているという実にオールスターな布陣である。
しかし実際の戦闘に参加するのは、
「ソードマスター」「ウォーリア」「勇者」「スナイパー」「賢者」「ジェネラル」
のみである。

pixivに投稿された作品 pixivで「覚醒敵兵」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 57841

コメント