ピクシブ百科事典

豊年亀

ほうねんがめ

江戸時代に疫病の予言を行った、角のある女の顔を持つウミガメ。

概要

江戸時代である天保10年(1839年)7月14日の紀州熊野浦(現:和歌山県三重県)に現れたという、胴回り一丈八尺(約5.4m)体長四尺五寸(約1.7m)ほどもある、角のある女の顔をもった海亀のような姿の予言獣。

当時の記録によると、捕らえられたこの予言獣は、自身は「豊年亀」であると名乗り、白沢アマビエなどと同じように、これからおこる豊作や疫病の予言をしたと伝わる。

近年の紹介では体長のほうが一丈八尺とされる場合があるが、これは全長が二丈(約6m)とされる予言獣・神社姫との混同であると思われる。

関連タグ

女妖怪  亀女 亀娘 予言

関連記事

親記事

亀女 かめおんな

pixivに投稿された作品 pixivで「豊年亀」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 190

コメント