ピクシブ百科事典

神社姫

じんじゃひめ

江戸時代の医者・加藤曳尾庵が書き記した『我衣』に記載される竜宮からの使い。
目次[非表示]

概要

江戸時代の中期に活躍した医者・加藤曳尾庵が書き記した『我衣』に記載される妖怪

二本の角と持つ人面の人魚で、全長は2丈(約6m)。

文永2年(1819年)4月18日の肥前の国(現在の長崎県及び佐賀県)に出現し、自分を目撃した者に向い物々しい口調で龍宮からの使者を名乗り、「7年間は豊作が続くが、その後にコロリ(コレラの事)が流行る。しかし我の姿を観た者、我の姿を写した絵を見ればその難を逃れる事が出来、さらに長寿を得るだろう」と予言して海へと去って行ったとされている。

創作での扱い

  • MM9:怪獣が現実に存在する社会を描いたSF小説。重量によって怪獣か妖怪かが等級分けされているが、神社姫は2丈もあり体積も大きいため怪獣の例として記載されている。

関連項目

人魚 霊獣
白沢 アマビエ クタベ スカ屁 豊年亀→仲間

関連記事

親記事

人魚 にんぎょ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「神社姫」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13312

コメント