ピクシブ百科事典

亀女

かめおんな

亀の要素を持つ女性で、江戸時代に疫病の予言を行った者が有名。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 江戸時代に現れた予言獣。※この項で解説
  2. の要素を持つ女性。 →亀娘

概要

江戸時代である寛文9年(1669年)に越後国(現・新潟県)の福島潟に現れたという、女の顔と手足をもった亀のような姿の予言獣。

当時の浮世絵によると、謎の光りに近づくと、そこにいた異形の者が自身は「亀女」であると名乗り、今年は豊作になるのだがその後疫病が流行るので、我が姿を図画に残し朝夕拝めば病を防ぐことができると言って海に去って行ったと、白沢アマビエなどと同様の内容が記述されている。

似た話として、天保10年(1839年)7月14日には、紀州熊野浦(現:和歌山県三重県)でやはり角のある女の顔を持つ亀である豊年亀が現れたと伝わる。

関連タグ

女妖怪  亀娘 予言

関連記事

親記事

女妖怪 おんなようかい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「亀女」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 50

コメント