ピクシブ百科事典

赤目イズ

あかめいず

「仮面ライダーゼロワン」の登場人物、イズの形態の仮称。まだ正式な名称が判明していない為か、「ロングイズ」、「アークイズ」とも呼ばれる。
目次[非表示]

或人社長。どうやら、故障のようだ…であります。ゼロワンに関するデータが完全に消滅しちまった…でいらっしゃいます」
「一刻も早く、ゼロワンの今までの戦闘データをラーニングさせろ!…でござる」

演:鶴嶋乃愛

概要

仮面ライダーゼロワンのメインヒロインであるイズのある形態の仮称。
ただし後述のあれこれから、本当にイズ本人であるのかはやや怪しい所。

登場までの経緯

作品のОPにおいて一瞬だけ、イズに似ているが目とヒューマギアモジュールが赤く光るロングヘアのヒューマギアが登場しており、作品開始当初から「マギアになっているのではないか?」「イズはそのヒューマギアと何か関係があるのでは?」という疑惑が持ち上がっていた。
しかし、このロングヘアーのイズは少し前まで登場予定が無かったらしく、演者の鶴嶋氏はアークに操られた時か、或人に何かあった時にこうなるのでは」と推察しているだけで、実際テレビ本編・劇場版を問わず、この状態のイズは作品内には登場していなかった。

その後、新型コロナウイルスの影響で撮影がストップしたことにより、5月17日より急遽放送された総集編「プレジデント・スペシャルPART.01」に初登場した。

また、後述する人物の項目にある様に怪しい言動が目立ち、「プレジデント・スペシャルPART.01」のラストシーンでは或人はアークの中に閉じ込められ、謎の仮面ライダーの影を見ることになった事からも、ファンからは「このイズの正体はアークの意思そのものなのではないか?」「アークがゼロワンをラーニングしようとしているのではないか?」と推察されている。

人物

時系列は不明ながら(少なくとも冒頭でのデータが奪われたと説明されている為、第35話冒頭以降と思われる)、第35話の翌週に放映された特別編で、突如衛星ゼアの回廊にて或人の前に現れる。
回廊内ではノイズの入った映像ながら、この姿が見え隠れし、「ゼロワンのデータを失ってしまった」と不具合を訴える。

そのため、或人は、イズにゼロワンのデータをアップデートするためにゼロワンの戦いを振り返るが、ヒューマギアの通常の故障と違い、性格そのもの無邪気ながらもどこか狂気や悪意を感じさせる全く違うものになった。

口調もいつものイズとは大きく異なり、「~させろ。でございます」といった感じに安定しておらず、「メモリーにございませぇん」などとふざけたような態度を取ったり、或人のギャグに対して解説を行わないどころか酷評したり、さらにはツッコミを放棄するなど、最初は単なるバグのように感じられた対応も、物語が進むごとに或人へのタメ口から命令口調で話したり、悪意や滅亡迅雷.netについて嬉々として語るなどイズらしくない様子が垣間見えるようになった。

また、なぜか滅亡迅雷.netZAIAエンタープライズに関わる情報はハッキリと覚えており、さらには或人すら知らなかった真実を語りだす、加えてゼロワンのデータを失ったと言っている割にはシャイニングホッパー以降のデータは必要ないと言うなど、明らかに矛盾したことを言い、その上で、の復活について知りたがったりと、或人からは不審がられた。
※ちなみに、アークの復活はシャイニングホッパーが完成した次の回である。

PART02でも引き続き登場し、今度は「ヒューマギア」をテーマにゼロワンのラーニングを行う事となり、が持ちかけた『お仕事5番勝負』について振り返っていた。
しかし、を利用しレイドライザーをばら撒かせた垓に対し「(人間の悪意を利用した事ではなく)アークを利用しやがって」と憤怒したり、ビンゴ市森の戦いの裏で作られていたメタルクラスタホッパープログライズキーの事を知っている、MCチェケラの事を「よく覚えている、ラップバトルは悪意を集めやすい」と語るなど、異常なまでの「悪意」への理解、一方でヒューマギアの善意のことは全く知らず、そして或人の事を「愚かだなぁ、ヒューマギアを信じ過ぎて会社を奪われたって事だろ?」という普段のイズとは全く持ってかけ離れた言動から、ついに或人に「ただの故障じゃない」と看破される。そして、ついにその正体を明かす。

その正体(PART.02のネタバレ注意)


「今頃気づいた? 私は…『アークの使者』。ゼロワンの戦闘データはラーニングさせて貰った」

演:鶴嶋乃愛(イズのふり)/速水奨(正体判明後)

明かされたその正体は、ゼロワンのデータをラーニングする為に通信衛星アークが送り込んだ『アークの使者』
「ゼロワンの戦闘データは、アークに渡す」としてゼロワンのラーニングを完了するが、或人には「善意が何かを理解できてないお前には、一番大切なこと(ヒューマギアと人間の絆)は絶対にラーニングできないからな」と言われてしまう。
しかし直後、アークの声が届き、「滅亡迅雷.netのデータは揃った。これから何が起きるのか、楽しみに待っていろ」と或人に伝える。
高笑いの中、そこには赤目イズの姿は消え、元通りのイズがいたのであった…。

人物相関図によればアークのハッキングによってゼロワンの情報を得たとされているが、作中で行われたのは衛星ゼアでの出来事だったため、イズの身体を使っていたのかイズをハッキングして得た情報をデータとして送り込んだのかまでは不明。

また、衛星ゼアでの出来事だったためか普通のイズと同じ姿も見せているため容姿は固定という訳でもない。

作中の描写から赤目イズはヒューマギアとしての姿を持たないものの滅亡迅雷.netのような立場で、アークやイズと異なる独立した存在と考えられる。

PART01でゼロワンのデータのうちシャイニングホッパー以前のもののみ欲しがったのは、これらがアーク復活前の出来事であり、自力でのデータ収集が不可能であるからだと思われる。

余談

普段はですます口調で敬語なイズがタメ語だったり語尾がござる等と言った普段のイズとは違う口調な為か、これはこれで可愛いというファンも多い。

目的は達成したもののイズのフリをしていた場面でもアーク側に立った発言が多く怪しまれていたことから演技力には疑問が残るところである。もっとも、アークが独自に用意した存在ということでは暗殺ちゃんが例としては近いため初期のそちら同様ラーニングが足りなかったからという可能性はある。

関連タグ

仮面ライダーゼロワン
イズ(仮面ライダーゼロワン)

通信衛星アーク

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「赤目イズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 62565

コメント