ピクシブ百科事典

金大建

きむてごん

韓國人初のローマカトリック教会司祭であり、殉教者

韓國人初のローマカトリック教会司祭に洗礼名は"アンドレア"幼い時代の名前は'再福'

1821年8月21日、忠清道沔川郡泛西面ソルメ村で生まれた。

彼の家はカトリック教を信じてきており、曽祖父であるキム • ジンフーは1814年獄死し、祖父の弟であるキム • ハンヒョンは斬首で殉教した。
朝鮮政府のカトリック迫害を避けるために7歳の時までは沔川郡で暮らし、京畿道龍仁市に位置したするミリネ村に避難する。
父の影響でカトリック信仰を持つようになった彼は1836年、青少年の信者らに洗礼をするためにするミリネ村を訪れたパリ外国宣教会所属の宣教師ピエール・モーバン神父の配慮で漢陽でラテン語などの基礎的な神学の勉強を始めた。
模倣神父は金大健の来歴を聞いては、金大建をカトリック神父に育てる考えをしたと伝えられている。 しかし、模倣神父ではなく、チョンハサンが天主教司祭になることを勧めたという主張もある。
カトリックダイジェストに載った記事によると、チョン • ハサンはキムジェジュンに、金大建が立派な人になるためには勉強をしなければならないと説得した。
漢陽でラテン語と聖職者の心得を学ぶ基礎、神学の勉強を終えた後に、金大建(は一般信徒神学者であるチョン • ハサン(パウロ)の助けで1836年12月チェ • ヤンオプ(トーマス)、チェ • バンジェ(フランシスコ・ハビエル、留学中に病気で1838年11月死去)などとともに朝鮮を離れ、満州と遼東を経て1837年6月7日、目的地であるマカオに無事到着した。
ピエール・モーバン神父は、朝鮮で比較的近い北京神学校や中国人神父養成所を非難するらしく思わなかったため、これらがマカオまで行って留学をすることになったのだった。
1842年、朝鮮潜入を試みた彼は義州検問所の検問がひどくて失敗し、マカオの民衆反乱を避けて清に移して神学の勉強を続けた。
金大健は1844年副題叙品を受けた。副題の時、朝鮮にちょっと入ってきた彼は、当時の金146ウォン船舶を購入して'ラファエル・号'と命名して1845年4月30日信者11人とともに済物浦港(現仁川港を離れ上海に行った。
1845年8月17日、上海のひび港(金家港)教会で三番目のカトリック朝鮮教区長、印章、ジョゼフ・ペレオール司教の敍品実現の執典で、司祭敍品を受けた。
1845年8月31日、朝鮮入りするため、彼は、ペレオール司教とダブルルィ神父を連れて一緒に行った信者らとともにラファエル・号に乗って上海港を離れた。
出港して3日ぶりに西海でしけにあって漂流し、9月28日、済州島ヨンスリ浦(現在、済州道翰京面のヨンスリ)に漂着しになった。
ここで2∼3日ほど船を修理して、食べ物などを準備して、10月1日浦を去りた金大建神父一行は10月12日は錦江下流のナパウィに無事到着した。
つまり、金大健は1845年10月、朝鮮に到着した。12月まで韓さんと京畿道一帯で期して迫害のときに教会の指導者たちの宣教師たちの殉教として教会が無力化されている困難な状況の中でも司牧をしており、夫と死別した後、乞食を免れなかった母親を慰めた。教勢拡張よりもより急がれるのが外国宣教師の入国と駐淸宣教部との通信連絡に必要な秘密航路開拓だった。
カトリック朝鮮教区長、ペレオール司教が朝鮮に入ってくるように重点を置いていた彼は、京畿道、延坪島沖に秘密航路があることを突き止めた。
しかし、1846年6月5日、秘密航路を描いた地図を中国に向かう中国漁船に移譲しようとしたが、延坪島(ヨンピョンド)付近でパトロールしていた官憲に逮捕されてひどい拷問を受けた。 中国漁船を官憲で徴発することに抗議して身分が分かったという。
学識が優れて獄中で、数人の大臣の頼みで世界地理に関する本を作り、英国で作った世界地図をラテン語の実力を発揮して韓国語で訳とともに色付けしたりもした。 金大健が移った指導は憲宗に捧げられた。
一部の大臣たちは、彼の博学多識することを惜しいと考えて救命運動を行ったが、彼が神学の勉強と司牧をために外国人らと接触した事実で処罰しなければならないという領議政權敦仁の主張によってその年9月15日、朝鮮で禁止していたカトリック教を信じているという罪で斬首の刑を宣告を受けており、翌日セナムトでカトリック司祭で斬首され、殉教者の道を歩いた。
良心の囚人の遺体は3日以内の家族が見出せるが、金大建の遺体はセナムト砂浜に仮埋葬された。 イ • ミンシクというカトリック信者が、金大建神父の遺体を収拾し、京畿道安城で葬式を済ませた。フランス海軍の場バチスト・セシル・提督は、金大建を救うために朝鮮に航海してきたが、金大健が殉教する前まで朝鮮に到着することができなかった。当時、彼の遺言は"司教様、お母さんをお願いいたします。"だった。
当時、カトリック朝鮮教区長、ペレオール司教に母の安危をお願いしたものだった。 また、殉教する前に神を畏敬して罪をしないという内容の手紙を書いて迫害を受ける信者たちを激励した。
1846年セナムト(現在、ソウル鷺梁津)で12人の死刑執行人によって斬首されており、首が軍隊にかかって梟首された。
本来良心の囚人の遺体は3日以内の家族が見つけるようになっているが、彼の遺体は仮埋葬された。 秘密裏にカトリック信者のイ • ミンシクが、彼の遺体をするミリネ聖地(京畿道安城)へ移った。1960年7月5日、彼の遺体はソウル恵化洞のカトリック大学教案の教会に改葬された。
1857年教皇ビオ9歳が、彼を克肖者と宣言し、1960年7月5日、教皇ビオ11世は彼を伏字と宣布し、1984年5月6日、教皇ヨハネ・パウロ2世は成人に列聖した。

現在韓國のカトリック教会の聖職者たちの守護聖人として祀られている。

コメント