ピクシブ百科事典

鏑木美波

かぶらぎみなみ

テレビアニメ『ハイスクール・フリート』(はいふり)の登場人物。
目次[非表示]

失敗は成功の母

プロフィール

愛称みなみさん
所属主計科
役職衛生長/保健委員
誕生日9月4日(おとめ座)
出身地御前崎港所属 医療法人洋州会・駿河湾沖総合病院船
身長143cm
血液型O型
趣味・特技医療行為、裁縫もちょっと得意
好きな食べ物肉じゃが、ゼリー
苦手な食べ物麻婆豆腐など辛いもの全般
得意科目理科全般
苦手な科目社会全般
好きな言葉失敗は成功の母
好きな色
性格・特徴よく漢語を使う。
資格・実績合衆国医師免許、船舶衛生管理者
CV阿澄佳奈


人物像

「晴風」の衛生長を担当。周囲からはマッドサイエンティストと呼ばれている。
会話でよく論語、偉人の格言・名言などを使う。
ココアにはを好んで入れて飲む。
実は小学校入学前から科学の才能を発揮し、海洋医大を小学生から飛び級で進み、2年で大学を、3年で大学院を卒業した上、博士号まで取得しているという、人知を大幅に超えた大天才。
ただそれゆえに職務資格に必要な単位である海洋研修が未修得だったため、横須賀女子海洋高校に入学し、「晴風」に乗船。制服が他の生徒と若干異なるのはそのため。
なお、「晴風」の仲間達がそれを知るのは、第10話での赤道祭の締めの前に本人の口から語られたことであり、さらに実年齢が12歳であることも初めて知らされた。
それらに対し仲間達は皆唖然とした(自分達より年が上だと思った仲間もいたほど)。
だがその一方で海洋学校校長はその事は把握しており、第8話で安全監督室長である長女の宗谷真霜に、「晴風」に乗り込んでいることを話している。

謎の鼠との因縁

彼女のことを語る際に外してはならないのは、謎のを巡ることであろう。

第4話において、立石志摩の人格破壊・暴走の原因となった白い鼠を隔離し、管理、研究を行っていた。
第5話で、鼠が隔離されている水槽のそばに行くと自分の腕時計が機能しなくなることに気付く。
そして第6話において、その鼠は体内にウイルスをもっており、うっかり触れることによって、触れた人間の人格の破壊・暴走を引き起こし、電子機器を狂わせてしまう上、それが媒体になってさらなる人格破壊・暴走者を生んでしまうと言う、恐ろしい秘密を解き明かしたのだった。その研究結果をレポートにまとめ、さらには血清を作成して、自ら文字通り体を張って効果を試した。
第7話でブルーマーメイドに鼠とレポートと血清を託した。
第9話でのシュペー奪還作戦の突入班にも加わり、凶暴化した生徒達に血清の注射を施している。

美波さん語録

  • 第3話:知者は惑わず、仁者は憂えず、勇者は懼(おそ)れず。
  • 第3話:春眠暁を覚えず、夜来に砲火の音、一服の茶を喫する。
  • 第3話:同舟相救う、其の舟を同じくして済りて風に遭うに当たれば、その相救うや左右の手の如し。
  • 第4話:『蛙鳴蝉噪(あめいせんそう)』
  • 第5話:『無憂無風(むゆうむふう)』
  • 第6話:之を知るは之を行うに如かず。学は之を行うに至りて止む。
  • 第9話:兵は敵に因(よ)りて勝ちを制す。
  • 第11話:為せば成る。


関連タグ

主計科

pixivに投稿された作品 pixivで「鏑木美波」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 77920

コメント