ピクシブ百科事典

柳原麻侖

やなぎわらまろん

テレビアニメ『ハイスクール・フリート』(はいふり)の登場人物。
目次[非表示]

てやんでい!

プロフィール

愛称マロンちゃん
所属機関科
役職機関長/機関委員
誕生日8月8日(しし座)
出身地千葉県銚子港所属統合漁業船
身長146cm
血液型A型
趣味・特技機関整備、魚を捌く、魚料理
好きな食べ物焼き肉
苦手な食べ物刺身
得意科目数学、技術
苦手な科目英語
好きな色黄色
好きな言葉汝の隣人を愛せよ
性格・特徴千葉県生まれだが、心は江戸っ子
資格・実績中等甲種海技士(機関)、幼年特級ボイラー技士、丙種危険物取扱者
CV高森奈津美


人物像

黒木洋美とは同郷の幼馴染。一人ぼっちを怖がる甘えん坊だが、周囲には明るく振る舞う。
千葉県銚子市出身でありながらも、江戸っ子の心意気の持ち主。
時代劇ファンの祖父の影響で、子どもの頃から一緒にテレビの時代劇を観ているうちに江戸っ子言葉が好きになった模様(はいふりアプリ「はいふり手帳」のひみつより)。

機械いじりが得意で、機関担当でも自ら「釜焚き」と呼ぶほど誇り持っている。
中学からは船舶工学を勉強していたため、腕は一流になり、図面も一度見れば忘れないほどの記憶力を持っている。
しかし、大雑把な性格が災いであり、コミックス版では『部品は少ない構造のほうが優秀なんでい!』と、試験の際に用意された部品が余らした。
これが優秀なれど晴風配属となった原因という推測もある。
職人気質なため皆が甲板で休んだり遊んだりしても、一人機関室で仮眠を取ったり、機関の面倒を見たりしている。

第10話で晴風が赤道を越えた場所で修理を受けていることから、「赤道祭」の開催を提案。法被を纏って自ら実行委員長となった。皆が盛り上がらないことに一時は拗ねるが、皆がやっと盛り上がりをみせ、赤道祭を無事に開催させた。
第11話で武蔵との戦いを前にして、怯え怖気づく明乃に業を煮やして喝を入れ、ましろにも明乃を支えるよう背中を押した。

なお、コミックス版では、彼女が着ている半被は、実は同じ乗員の青木百々の店に発注し、彼女が手掛けたものとなっている。
麻侖と百々がそのことに気付いているかは不明。

関連タグ

ハイスクール・フリート
晴風

航海長


機関科



pixivに投稿された作品 pixivで「柳原麻侖」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 216451

コメント