ピクシブ百科事典

陸清雅

りくせいが

 『彩雲国物語』の登場人物。
目次[非表示]

声:森久保祥太郎

概要

 天才肌で要領がよく、秀麗とは対照的な人物。秀麗のライバル的存在。
旧紫門四家で一度没落した陸家の出身で、跡取りが嵌める銀の腕輪をしている。

紅秀麗の冗官仲間として登場するが、実際は監察御史。
14歳のときに資蔭制で入朝、「御史台長官の秘蔵っ子」「官吏殺し」などと呼ばれている。
最初は穏やかそうに装って協力していたが、贋作贋金事件や事件で秀麗の手柄を奪う。事件に下手な介入をする秀麗が邪魔で贋作・贋金に一本の糸で繋がる塩の事件で退官に追いやろうとしたが、前々から不審を抱いていた蘇芳に阻止される。元から冗官の中にいると浮いていた上に、秀麗が「タンタン」としか
呼んでいなかった頃に「蘇芳さん」と呼んだことで蘇芳の疑惑に拍車を掛けた。

御史監察は基本的に覆面が原則だが、やりようが派手で御史台内部でも噂になっている。その噂は蘇芳の耳に入るほどであり、自分が如何に派手にやっているかを全く自覚していないため、蘇芳が自分の正体に気づいていたと知った時には「そんな馬鹿な」と愕然としていた。

女性のタイプは「女々しくないヤツ」だが、何らかの理由から女性一般に不信感を抱いている。
髪結いが得意。蘇芳からは「セーガ」と呼ばれる。

関連イラスト

せがたん
御史台組


関連タグ

彩雲国物語 彩雲国 清雅 御史台

pixivに投稿された作品 pixivで「陸清雅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 69706

コメント