ピクシブ百科事典

紅邵可

こうしょうか

『彩雲国物語』の登場人物。

概要

紅秀麗の父親。
妻は薔君だが、彼女はすでに鬼籍の人となっている。
紅家長子ながら次弟・紅黎深を紅家当主にたてた際に、妻子と共に王都・貴陽に移り住む。
秘書省府庫(図書室)に勤め、幼い紫劉輝に勉強を教え、茈静蘭を保護する。
穏やかな人柄の知識人だが、生活能力に欠け、お茶も満足に入れられない。
しかし弟黎深を始め、一部の人間からは非常に尊敬を集めている。

関連タグ

彩雲国物語 彩雲国 邵可 紅家 黒狼 風の狼 魁斗

pixivに投稿された作品 pixivで「紅邵可」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25119

コメント