ピクシブ百科事典

青沼瞬

あおぬましゅん

小説及びアニメ「新世界より」のキャラクター。
目次[非表示]

声:藤堂真衣 → 村瀬歩(3章)

主人公である渡辺早季の幼馴染。
知的好奇心が高く、非常に聡明で大人びている、面倒見の良い性格で主要人物達のリーダー格。

各章での活躍

1.若葉の季節

主要人物達が通う「全人学級」でトップクラスの成績を誇り、仲間や教師達からの信頼も厚い。早季からは好意を抱かれている。
ある日、学校行事である夏季キャンプの際、偶然今の世界が形成されるまでの歴史を聞いてしまい、その直後、清浄寺の僧侶「離塵」に規約違反として呪力を暗示で凍結され連行される。

2.夏闇

連行中、人間に服従しない外来種バケネズミの集団「土蜘蛛」コロニーの襲撃に遭う。その攻撃の際に離塵が爆死し、呪力を凍結されたままの状態を切り抜ける為、皆に散り散りに逃亡するように指示する。
コロニー同士の戦乱の中、秋月真理亜伊東守と共に何とか生き延び、はぐれた残りの2人と合流。その後早季の思いついた方法で呪力を取り戻し、帰還後、彼の案で規約違反の処分を回避することに成功する。

3.深秋

夏季キャンプの騒動から2年後、いつもと変わらない学校生活を送っていた。相変わらず優等生で比較的難しい課題に取り組んでいた模様。
思春期になり、生徒達の間では遺伝子レベルで組み込まれた機構に従い、親しい同性との恋愛が展開されていた。
彼も例外ではなく、朝比奈覚と恋愛関係を築いていたが、ある日突然別れを切り出し、学校でも1人でいることが多くなり、やがて学校にも来なくなった。
実は自身が「業魔」になってしまい、住んでいた里を巻き込む程にまで悪化していた。前述の行動はその被害を早季達に向けないためのものだった。
しかし、彼に特別な思いを抱いている早季が単独で会いに来、自分に起きたことを可能な限り早季に話し、最後は自身の呪力抑制が効かなくなった事を悟り、早季に自身が彼女を好いていた事を打ち明け、瓦礫の中へ消えていった。

4.冬の遠雷

上層部の判断により早季を含む多くの人々に記憶改竄が施され、彼の存在はなかったことにされてしまっていた・・・
しかし、度々早季の脳裏にぼんやりと現れる。それは第一班の皆も同じ模様。
この章以降、早季から「顔のない少年」と呼称されている。



「業魔」とは?

神栖66町に伝わる伝説の怪物。物語の序盤ではそう伝えられているが実際は違っていた。
業魔とは「橋本・アッペルバウム症候群」の重篤期患者に対する俗称で、早季達はそれを夏季キャンプの時、ミノシロモドキから聞かされるのだが、詳細を知る前にミノシロモドキが離塵に焼き殺されてしまった為、謎のままだった。

2年後(3章)、自身の異変に気づいた瞬は、早季の母が勤めている図書館から資料を借りるなどして独自に調査した。
その結果、「橋本・アッペルバウム症候群」とは呪力の制御が効かなくなり、漏れた呪力が周囲のあらゆる物質(生物・無生物)を異形化させてしまうというものである事が解った。
通常でも呪力は無意識に漏れ、周囲に少しずつだが影響を与えている。例えるなら「ミノシロ」や「風船犬」はこの世界に住む呪力を使う人間の影響で進化していったものである。
しかし業魔とは人畜に危険性のある呪力の漏出「バッドスピル」を発生させ、周りのものを瞬く間に異形化させてしまう。
実際に瞬は両親や里にあるものを悉く異形化させてしまっている。人間・生物に関してその大半は死に、異形化して生きていたのは愛犬の「スバル」のみだった。
絶望的なことに治療法は存在せず、上層部に相談した際も毒を渡され、自決を強要された。瞬はこれを一時は受け入れるも、無意識に毒を変質させ無効化させてしまっており死ねずにいた。
早季と対峙した際は「ハチ玉」と呼ばれるものを用意し、呪力をそれに注いで分散させることで呪力の暴走を抑制していた。

4章では、倫理委員会議長「朝比奈富子」から彼女が20年前に実際に出会った業魔「久手川いずみ」について語られる。
久手川いずみは農場出身のごく普通の素直で優しい女の子だったが、自身の放つ呪力が人間の遺伝子すら汚染してしまう重度のバッドスピルと判明し、上層部に目をつけられる。
その後彼女は自ら「如何なる処分でも受ける」と言い、上層部は彼女に薬(実際は致死レベルの毒薬)を手渡した。彼女は瞬と違い、その毒で死亡している。

関連タグ

新世界より

pixivに投稿された作品 pixivで「青沼瞬」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1121941

コメント