ピクシブ百科事典

風陣カイト

ふうじんかいと

レベルファイブのゲーム・アニメ・プラモデル『ダンボール戦機ウォーズ』の登場人物。
目次[非表示]

CV:中村悠一

概要

神威大門統合学園2年5組のジェノック第5小隊プレイヤー兼小隊長。
性格はナルシストで潔癖。成績を始めとする自分自身の利益のみを最優先しており、他人を見下したような発言が多い。
隊長格を務めているとはいえ、隊員に対しても自己中心的で傲慢な態度が目立っており、嵐山ブンタにメンテナンスに関して多くの無茶を要求したりしており、うまくいかないと責任転嫁するような発言も目立つ。
しかし、過去のトラウマからライフルを使うことを躊躇う吹野タダシを「いつまでくだらないことを気にしてるんだ!」と叱責し、タダシがトラウマを乗り越えて再びライフルを手に取った時は安堵の表情を見せるなど、彼なりに隊員のことは気遣っている様子。
ただし、後の行動から考えると、「単に自分の利益に繋がるから」という理由の可能性も否定できない。

裕福そうな見た目に反して、実は貧しい家で育った苦労人。
その経緯から、裕福な環境に生まれた人間に対する僻みが非常に強く、御曹司である磯谷ゲンドウを「何不自由無い環境で育った」という一方的な嫉妬心から毛嫌いしている。また、瀬名アラタともよく対立している。
この事から、ロシウス時代のムラクと接触したことを美都に叱責された直後のアラタを怒鳴りつける事もあった。

使用LBXはDCブレイバー。後にバル・ダイバーを手に入れた星原ヒカルからバル・スパロスを譲り受け、以降はそちらを使用している。


ワールドセイバーへの裏切り

卒業後はLBXメーカーに就職する事を希望していたが、エセルダームの司令官として神威大門に現れたセレディ・クライスラーの「セカンドワールドを疑え」という講義に対して肯定の姿勢を見せていいる等、次第に不穏な雰囲気を見せ始める。
そして、テロリスト集団「ワールドセイバー」としての本性を現したセレディの反乱勃発後、その考えに同調した結果、バル・スパロスとライディングアーマーを持ちだす形でジェノックを裏切り、ワールドセイバーへとつくという最低な暴挙に出てしまう。

以降は、かつての仲間達がコントロールポッド内に仕掛けられた毒ガスにやられていくのに何の感傷も見せず、むしろ嘲笑いながらアラタ達を平然と見下した発言をする等、冷酷な面も見せるようになっていった。
結局はアラタ達の前に敗れ去る事になったが、彼等からは情けを掛けられる形で終わった(アニメでは、情けを掛けられることはなく自身のバル・スパルスがロストした際には、逆恨みに近い形で怒りを露わにしていた)。

ゲーム版エピローグでは、ジェノック・ハーネスの仲間たちと共に記念撮影に写っていたものの、その後の詳細は不明。
アニメ版ではワールドセイバーに加担した行いから、警察に連行された。
その後、自身の過ちに気付いたのか、メールで「僕が間違っていた、すまなかった。」と謝罪している。
しかし、いくら謝罪したところで、テロリストに加担するという最悪な犯罪に手を染めた結果、今後のカイトの人生どころか彼の家族の人生も悲惨なものとなってしまうのは避けられないだろう…。

関連タグ

ダンボール戦機ウォーズ 第5小隊 
吹野タダシ 笹川ノゾミ 嵐山ブンタ 
裏切り者 吐き気を催す邪悪 人間のクズ 外道

関連記事

親記事

ダンボール戦機ウォーズ だんぼーるせんきうぉーず

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「風陣カイト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 308737

コメント