ピクシブ百科事典

香椎万里

かしいばんり

香椎万里とは、『ロウきゅーぶ!』の登場人物。

人物像

七芝高校1年生で香椎愛莉の兄。
妹の愛莉を心底大切に思っているが、幼い頃にボートで遊んでいた時に誤って愛莉をボート上から池に突き落としてしまったことで水に対するトラウマを植え付け、さらにデリカシーの無い発言で身長に対するコンプレックスと自身に対する恐怖心を与えたため、長い間愛莉との関係がギクシャクしてしまっていた。

七芝高校に入学するも間もなくバスケ部が休部になったためバレー部に入部するが、長谷川昴たち同好会の活動を知って夏休みから参加を希望する。しかし、休部の一件もあって妹のコーチが男子高校生であることを聞いて快く思わず「どこぞの馬の骨」と呼んで敵意を持っており、昴がそのコーチと知った瞬間に殴り飛ばした。その後昴から再び勧誘を受けた際に殴ったことを謝罪し同好会に参加することを了承、そして竜一たちとの勝負のために愛莉の指導に協力してくれるように頼まれるも疎遠な関係を理由に断るが、その直後に愛莉本人と言葉を交わす機会がありバスケを通じて成長した妹の想いを知って荻山葵と共に愛莉の指導を行い関係を修復する。昴のコーチとしての女バスに対する献身的な指導を目の当たりにし誤解は解けたが、その後も妹関連の危ない発言を聞くと抑えが効かなくなる模様。

三沢真帆から愛莉のあだ名と連なるように「ばんりーん」というあだ名を付けられている。女子と会話をすることに慣れていないようで、同好会の活動の際には姦しい柿園と御庄寺の二人に良いように弄られている。

竜一に「どこぞの板前見習いに似ている」と言われている。

アニメでの声優は浜田賢二。決して、どこぞの鉄心では無い。ポジションも同じだが・・・

バスケットボール選手としての能力

身長195cm前後の鍛えられた体格で、フィジカルの強さを活かしたインサイドプレーが得意。中学時代は「万里の長城(グレート・ウォール)」の異名を持つ県内トップクラスのセンターとしてその名を轟かし、その存在感で平凡な公立校だった橋田中を同世代のバスケ部員なら知らないものはいないほどに有名にした。愛莉の指導ではマッチアップをすることでメンタルとフィジカルを鍛え彼女の成長に大きく貢献する。

pixivに投稿された作品 pixivで「香椎万里」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2569

コメント