ピクシブ百科事典

駕籠

かご

人力の乗り物の一種。 箱状・籠状の覆いに、人が担ぐための一本の棒が前後を貫いており、これを担いで覆いの中の人物を遠方へと運ぶ。 現在のタクシーのようなもので、特に江戸時代には市中・旅路を問わず盛んに用いられた。

駕籠とは、日本の古い乗り物の一種である。

概要

 状・状の小さな搭乗部と、それを担ぐための一本ので構成された乗り物。
 棒を二人以上の人間が肩に担いで運び、中の人間を目的地まで運ぶ。
 特に江戸時代に盛んに用いられ、現代のタクシーのような存在として上流・下流の身分の差なく、広く親しまれていた。
 大名クラスの駕籠になると、乗り込み口がではなく引きになり、外装は塗りの黒、内装も和室をコンパクトにしたような凝った作りのものであった。
 なお、このクラスの駕籠は庶民の駕籠と区別するために「乗物」(のりもの)と呼ばれていた。

 明治以降は人力車にその地位を取って代わられ、駕籠を担ぐ『雲助(うんすけ)』の多くは人力車を牽く『車夫』に転職していった。

関連タグ

乗り物 江戸

pixivに投稿された作品 pixivで「駕籠」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2824

コメント