ピクシブ百科事典

鬼姫

おにひめ

女性の鬼の中でも位の高いもの。転じて、鬼のような女性を指すこともある。
目次[非表示]

人鮨を鬼に広めた存在といわれている

人鮨とは寿司ネタとして人間が使われた鮨のこと。人間がすし飯の中で斬り散らされた、鮮やかなちらし鮨が主となる。鬼姫は高い身分である為、人間を斬り殺す為の極上の鬼の斧、極上の大薙刀等が身近にあり、小さい内からその斬れ味に酔いしれ、股間(アソコ)を愛液で満たす程の快感を得ている悪鬼でもある。刃を鋭く研ぐ等は下女に任せ、斬り殺したい時に人間を殺している。結果、人間を斬り殺す達人となり、殺し方、食べ方を熟知している。
巨大鮨桶を用いた大量の鮨を調理するための多数の鬼の手もたやすく得られるので、その指示のもと、鬼の中で一番美味しい人鮨を作るとされる。酢の利いたさっぱり人鮨、鬼子が悦ぶ甘酸っぱい人鮨等、自在にこしらえる。人鮨は人間の死臭が混ざる為、人間には好まれないが、鬼共にとってはごちそうである場合が少なからずある。
大切な鬼に美味しい人鮨をふるまいたいという女の鬼は多く、鬼姫は「鮨姫(すしひめ)…寿司姫ともいう」と呼ばれて慕われている。鬼姫無しでは人鮨も雑な食べ物になってしまうようで、人鮨は鬼姫無しには広がらなかった可能性が高い。
通常鬼が人間を食べる時はまるかじりが多いが、あえて鮨にするのは人鮨の香りが鬼の性欲を異常に増進させることがあり、人間を斬り殺すことで下腹部が燃え上がる程の強烈な興奮を得ている悪鬼が、気が狂う程の興奮を得るためとされているようだ。人鮨が作られた後は激しい性行為(女の鬼同士の「貝合わせ」(愛液に満ちた女性器を気持ち良くこすりあう)も含む)となりやすい。人鮨を好む無慈悲な鬼が大量に産まれ、人鮨を好む鬼が多数派になりつつあるようだ。
より人鮨で快楽を得る為に女の鬼でも鬼の大剣、鬼の大斧を軽々と扱う場合が増えてきたようだ。桃太郎は鬼ヶ島の所々で巨大鮨桶が置かれ、女の鬼共が時折自慰をし、いやらしくあえぎながら人鮨の寿司ネタである人間を鬼の大剣や鬼の大斧で斬り殺し、すし飯の中で斬り散らしているのを見て、恐れおののいたと言われている。また、桃太郎が鬼ヶ島に上陸した時点で、人形のように美しい鬼姫がとても美味しそうに桃太郎を見つめており、桃太郎鮨を作る為に、極上の人斬大包丁、鮨飯がつまった大鮨桶を用意し、性器をいじりながら刃を研ぎつつ、心から待っていたという話もあるそうだ。

曖昧さ回避

  1. 白土三平の漫画『サスケ』の登場人物。
  2. SKET DANCE』に登場する鬼塚一愛の不良時代の異名。伝説のヤンキーとして恐れられる。
  3. サモンナイト3』に登場する鬼人族の姫君・ミスミ。「白南風(しらはえ)の鬼姫」という異名を持つ。
  4. コナミの音楽ゲーム『ギターフリークス』『ドラムマニア』に収録されている、あさきの楽曲。
  5. セガアクションゲームベア・ナックル』のボスキャラクター。→鬼姫&夜叉(ベアナックル)
  6. アニメ『モモキュンソード』の登場人物。→鬼姫(モモキュン)

関連動画

4の鬼姫

関連タグ

 鬼娘 妖怪 立烏帽子

pixivに投稿された作品 pixivで「鬼姫」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 782026

コメント