ピクシブ百科事典

宇治の橋姫

うじのはしひめ

橋の女神「橋姫」の一柱で、京都府宇治川に祀られる。 元は貴族の子女だったが、嫉妬から貴船神社に詣でて呪術に邁進し、その果てに生きたまま鬼に堕ちた。 その後、頼光四天王・渡辺綱に腕を斬られて鎮まり、宇治橋の袂の神社に御霊奉神された。 宇治の橋姫の呪術は「丑の刻参り」の原型とされる。
目次[非表示]

宇治の橋姫とは、橋姫の一柱である。

概説

平安時代嵯峨天皇の御代に出現した鬼神
平家物語』剣巻に詳細に記されており、生きて鬼神と成り果てた女性として描かれている。

平家物語での「橋姫」

元は然る貴族の娘であったが、あるとき一人の女性に激しい嫉妬を覚え、憎悪を募らせるようになる。そこで彼女は呪詛の神と知られる貴船神社の神に幾日も詣で、「ある女を呪い殺したい、どうか私をにして下さい」と願い続けた。
その必死な姿を憐れんだ貴船の神は、彼女に「姿を変えて宇治川に二十一日のあいだ浸かりなさい」と神託した。

その者鬼へ転ずる


それからというもの、娘は「白装束に、髪を五つに結い上げに見立て、顔に朱を体に丹(鉛丹)を塗って己を赤く染め、頭に三つ脚の鉄輪(鍋や茶瓶を火に掛ける台)を逆さに乗せて脚に松明を差し、口にも両端に火を点けた松明を加え、五つの火を伴い、夜ごと大和大路を南へ走って宇治川に浸かる」という凄まじい荒行を敢行。
そのおぞましさに彼女を見てショック死した人まで現れる。
そうして荒行を完遂し、とうとう彼女は鬼へと堕ちた

鬼となった娘はまず目的の女性を憑き殺し、続いて彼女の恋人である男を、そして女性の親類縁者のことごとくを、そして遂には暴走して目につくすべての人間を殺しに殺し、様々なものに姿を変えて数多の人間を血祭りに上げた。

ある夜、一人の武士が馬に乗って堀川の一条戻橋を通りかかり、鬼は武士を次の獲物に定めた。
鬼は人間の美女(雪肌で紅梅柄の着物を着てお経を持った姿)に化け、武士の気を引いた。
武士は「渡辺綱」を名乗り、五条まで送ってくれると約束。そこでしばらくしたころに、美女に化けた鬼は自分を都の外にある家まで送って欲しいと頼み、渡辺綱はそれを快諾する。
それを機と見て鬼は変化を解き、綱の髪を掴んで中に飛び上がり「愛宕山へ向かいましょう」と言って宙を舞い始める。慌てた渡辺綱だったが、名刀髭切を佩いていることを思い出し、髭切で鬼の片腕を斬り落としてしまう。
鬼は悲鳴を上げながらそのまま飛び去り、綱は北野天満宮に落下して難を逃れた。

翌日、綱は主人である源頼光に事の次第を話し、鬼を腕を渡す。
驚いた頼光は知り合いの陰陽師である安倍晴明に相談すると、「綱殿を七日七晩家に籠らせ人に会わせないようにして下さい。そのあいだに私が腕を封じておきましょう」と腕の処理を引き受けてくれた。

以降、その鬼が都で暴れることはなくなったという。

雑記

橋姫神社

宇治川の橋の袂には「宇治橋姫神社」が鎮座している。
祭神は瀬織津姫命(セオリツヒメノミコト)であり、本来は厄払いの神社だが、瀬織津姫が「厄神」と畏れられる“オオマガツヒ命”と混同されることもあって、宇治の橋姫と同一視される。

橋の守り神とともに“悪縁切り”の御利益があるとされている。ただしカップルや婚礼の列がこの前を通ると、橋姫に妬まれて縁を切られるとされ、避けて通るようにする迷信も存在する。

後世への影響

宇治の橋姫が敢行した呪術は、丑の刻参りの原形としても知られる。
またにも「鉄輪」という演目があり、この伝承を基にしている。

宇治の橋姫をモチーフにするキャラクター


関連イラスト

橋姫
橋姫



関連タグ

妖怪 怨霊 呪い 丑の刻参り
嫉妬
髭切 渡辺綱

pixivに投稿された作品 pixivで「宇治の橋姫」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6704

コメント