ピクシブ百科事典

鳳凰龍神丸

ほうおうりゅうじんまる

鳳凰龍神丸は、アニメ『超魔神英雄伝ワタル』に登場する魔神。

概要

 第二界層の聖神『炎の鳳凰』から授かった橙色の勾玉によって超力変身した二つ目の強化形態。その容姿は龍王丸龍星丸の外見を混ぜたような感じ(世界観のベクトルが違う為に関連性は皆無に等しい)。

 大きな特徴は単体での飛翔能力だが、新星龍神丸とは異なりある程度の耐火能力も付与されている。Lvが上昇すれば冷気放出能力も加わると推測。ある意味パワー馬鹿な獅子龍神丸と違い非常に汎用性が高く、勾玉入手直後どころか他の勾玉入手以降でも用いられ、見せ場ともにかなり多い。ワタル(及び脚本家)の立場から見ても魅力的だった様である。

 但し、技を繰り出す際は武装の全てを組み合わせて放つ為に、その隙が非常に大きく、避けられた場合は再装着まで丸腰で対応せざるを得ない弱点がある。

 

装備
 鳳凰登龍剣
  本形態でのメインウェポン。通常剣が両刃の直刀なのに対し、本形態では真紅の曲刀。非使用時には横向きで腰部へマウントされる。

 鳳凰の盾
  龍王丸以降の盾装備。W字型の盾で、機体を覆える位に大きい。


 鳳凰炎龍拳
  鳳凰の盾、爆炎翼・、鳳凰登龍剣を本機から分離させて、火の鳥と化して突撃させる技。命中した相手は炎上する。「簡略化された飛龍光撃拳」と言えば分かりやすい。



関連タグ

超魔神英雄伝ワタル
白虎龍神丸     熱エネルギーの対極に位置する形態で、こちらは高機動陸戦型。

コメント