ピクシブ百科事典

超魔神龍神丸

ちょうましんりゅうじんまる

超魔神龍神丸はメディアミックス作品『超魔神英雄伝ワタル』に登場する魔神。
目次[非表示]

概要

 魔界の王アンコクダーが駆る魔導剣王との長期戦闘により、ワタルは残っていた鳳凰・剣王・月光・白虎4つの勾玉の力を無理矢理同時に使い全ての力を失うが、聖龍妃より齎された白き勾玉によって超力変身した最終形態。コミカライズ2編には全く登場しない。

 原理は不明だが、正規の手段により全ての聖神の力を纏った所謂全部てんこもり形態。テール・スタビライザーには白虎の面影があるが、外套等の布地は皆無。

 バンクも一番長く、全ての聖神が代わる代わる現れ、最後に龍神丸が虹色のオーラを潜り抜けて変身を果たす。

 本作の最強形態であるが、極限状況下で疲労した聖龍妃の手を離れて力を取り戻し、創界山中から集められた善き心の一部を凝縮した鎧を纏うアンコクダーを斬ることはできず、ワタルの戦意喪失も重なるが、告白と言える言葉から自らを解放、基になった武神将である古代龍神丸と化した。しかし魔神としては苦戦ばかり目立ち、切り札を召喚する前座となってしまった玩具屋泣かせの機体。何このV2アサルトバスターガンダム……。

 その某リューを彷彿とさせるカラーリングとボリューム感は、SDを数多くてかげてきたメカデザの編成を窺わせる。過去の機体を踏襲したという言い方も出来るだろう。

龍神丸時点で迫り出し気味だった肩部が更に大きくなっており、全体的な見栄えは流麗なものとなっている。しかしバランス自体は滅法悪く、それをテール・スタビライザーで強引に誤魔化した具合で、「見栄えの良いポーズ」は極端に制限されたのが難点。どっちかと言えば非人型でメリハリが極端についてるので「どっちかと言えば敵メカのドゥームじゃね?」と言いたくなるが、本音は言ってはいけない。


装備

剣王の剣
 黒鋼の剣王の魂を宿す剣。天空から召喚する。本来は剣王龍神丸を超力変身させるが、こちらの場合は主兵装として機能する。剣と龍神丸本体のバランスが吊り合い主兵装に相応しくなった反面、剣王ほどの重厚感や迫力は無くなってしまった。

関連タグ

超魔神英雄伝ワタル

関連記事

親記事

超魔神英雄伝ワタル ちょうましんえいゆうでんわたる

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「超魔神龍神丸」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14406

コメント