ピクシブ百科事典

月光龍神丸

げっこうりゅうじんまる

月光龍神丸は、アニメ『超魔神英雄伝ワタル』に登場する龍神丸の強化形態のひとつ。
目次[非表示]

概要

 第四界層の聖神『月の女神ルルナ』から与えられた黄緑色の勾玉によって超力変身した魔術師形態の龍神丸。 夏鬼丸と同様に光輪を背面に装備しているのが最大の特徴である(但し、物語等に於いては関係性は全く無い)。

 機体全体に輝く水色の対魔法用装甲を施されている。 このため幻覚や拘束魔法は通用しないのだが、第四界層以外では魔法使いがあまりいないため、本編ではロクに活用されずじまい。

 劇中では剣王龍神丸の凄まじいチート性能の陰に隠れ、出番は32話、35話、42話の3回しかない。 35話では超力変身唯一の回復技持ちという性能を活かして、42話では対魔法性能を活かしてそれぞれ敵を突破しており、「月光の力がなければ無理」という場面で活躍できたのがせめてもの救いか。

 魔法が使えるため旧作視聴者は『魔動王グランゾート』のような活躍を期待していたが、実際のところはリューメイジ程度の扱いでしかなかった。 いくらなんでも見掛け倒し過ぎやしないだろうか?



装備

 対魔鎧【マジックアーマー】
  上述のように、魔法攻撃に関しては無敵に近い装甲。
 月光輪【ムーンライトリング】
  非使用時の月光の盾を収納する光輪。
  ウイング状の展開ギミックを持つが、虹色ビームを出したりはしない。
  白虎龍神丸に似たゴツい肩アーマーを持つ横広な本形態が、
  一見バランス良く見えてしまうのはこれのおかげ。
 月光の盾【げっこうのたて】
  月光輪に内蔵される円盾。魔法攻撃を防ぐだけでなく、機体の回復も行う。
  鳳凰龍神丸に続いての盾装備だが、劇中では防具というよりも回復装置でしかなかった。
 月光登龍剣【げっこうとうりゅうけん】
  あらゆる魔力や結界を断つ対魔剣・・・という設定。
  刀身はノーマル形態よりもシンプルで、鍔は上下逆になっている。
  鳳凰龍神丸と同様に非使用時は腰部へ横向きにマウントされるが、こちらは左掛け。
  ワタルは右利きなので、盾と併用するのに邪魔になるような気がしないでもない。

 超力月光波
  月光の盾を頭上に射出し、盾から放たれる光を浴びて自身の体力を回復させる。
  当然ながら使用中は隙だらけになるため、使用の場はごく限られる。
  仲間魔神がもっと活躍していたら、後方支援として便利であっただろう。

関連タグ

超魔神英雄伝ワタル

関連記事

親記事

超魔神英雄伝ワタル ちょうましんえいゆうでんわたる

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「月光龍神丸」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1269

コメント