ピクシブ百科事典

黄昏酒場

たそがれさかば

酔っ払い集団サークル「呑んべぇ会」が制作し、コミックマーケット73において「D.N.A. Softwares」および「上海アリス幻樂団」のスペースで頒布されたWindows用シューティングゲーム。
目次[非表示]

『黄昏酒場 ~Uwabami Breakers~』とは、酔っ払い集団サークル「呑んべぇ会」が制作し、コミックマーケット73において「D.N.A. Softwares」および「上海アリス幻樂団」のスペースで頒布されたWindows用シューティングゲーム。通称『黄昏酒場』。名前から誤解されることがあるが「黄昏フロンティア」とは特に関係は無い。

現在、フリーでWeb配布されており、黄昏酒場のHPからダウンロードすることができる。

「冬コミ直前2週間という超短期間で作られた」という恐ろしい逸話を持つ。ZUN氏曰く「酔っ払いたちが2週間酔っ払い続けて作ったような封印されるべき呪われたゲーム」。そう言っている割には、ラスボス曲のアレンジを『東方儚月抄』のおまけCDに付けたりしている。いわゆるZUNデレである。


内容

ビールやつまみが弾幕を掃射するので、それを酒ながら倒しまくるゲーム。(避けるのではなく酒る)

※ このゲームには、ZUN氏が正式に提供した東方Project作品のゲームエンジンが使用されていますが、内容としては東方Project作品との関係は全くありません。

※ 店のマスターがスペルカードっぽいものを放ってきますが、スペルカードではなく「特別メニュー」です。

ストーリー


――黄昏酒場。
ウワバミも眠るこの世の楽園。
ここでは如何なる酒豪であろうと潰してみせると豪語する居酒屋のマスター達がいた。
「ウワバミブレイカー」と呼ばれた彼らは日々新メニューの研究に余念がなかった。
彼らのメニューの前に多くの猛者が敗れ去っていった。
潰されたウワバミ達は毎日二日酔いに悩まされながらも、刺激的な新メニューに挑戦せざるをえない。
それはマスターの思う壺であった。
この酒場では「ウワバミブレイカー」に逆らえる者はないかに思えた。



 ―――ただ一人の呑んべえを除いて。

キャラクター

とうほうもんめか(?たそがれさかば)




浅間伊佐美

二つ名は「黄昏の怪物OL」もちろん飲酒量に由来する。
呑む為に起き、呑む為に会社に行き、呑む為に寝る新人OL。
酒代とウコン代が余りにも嵩む為、仕事を変えなければいけないかと悩んでいる。

そんなある日、上司からウワバミが集まる酒場の話を持ちかけられ、興味を持った。
その酒場では朝まで呑むと「世にも不思議な弾幕の世界」が見えてくると言われていた……。


八海山辰巳

二つ名は「軍人上がりの板前」
人を斬りたくて自衛隊に入ったのに願い敵わず。
生き物を斬る目的で料理人になったが、今は料理の道に目覚め、多くの創作料理を生み出している。

一番の得意料理はおしぼりで作るひよこ。

特別メニュー

おでん「しらたきのラプソディ」
幻の刺身「天然マリモの活作り」

有江ルミ

子供の頃のあだ名はアリコー。
きつい性格と客を罵倒する口癖を持つ。
いつまでもツケを払わないお客には容赦なくけりを入れる。

それがその手の人に話題を呼んでしまい、今ではお金を払う客は居ない。

特別メニュー

焼酎カクテル「大魔王オレンジ&ザクロ」
ビールカクテル「キリン塩味」
古酒「五日前のソーダハイ」

甘粕・バーレイ・天治

二つ名は「屋上のアフロ執事」
齢80にして最高のダンサー。
彼の姿は最上級の客にしか見せる事はない。

彼のダンスと料理は、黄昏酒場では既に伝説と化している。
若さの秘訣はお酒とダンス。

彼の口癖は
「これが弾幕? 先の大戦の方が遙かに酷かったわい」

特別メニュー

儀式「とりあえずピッチャー二つで」
おどり食い「ダンシングオニオンフライ」
光物「ブリリアント〆サバ」
度数96「スピリタスの大銀河」
酔生夢死「空飛ぶ呑んべぇのレムリア」

(ZUN氏後書きより引用)

関連タグ

浅間伊佐美 八海山辰巳 有江ルミ 甘粕・バーレイ・天治
ZUN STG 東方幻想麻雀

外部リンク

公式HP
攻略wiki

pixivに投稿された作品 pixivで「黄昏酒場」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 147482

コメント