ピクシブ百科事典

黒樂マズカ

くろがらまずか

黒樂マズカとは講談社ラノベ文庫より発刊中の「巡ル結魂者」の登場人物である。
目次[非表示]

概要

街の敵である山賊・ハンドレッドスレイダーズの幹部。

人物

10年前までリンカ訓練校の生徒としてライガトアコペイラと同じ班に在籍していたがその2年後にライガと共に学校を出奔、山賊のメンバーとなる。
ライガに心酔しているため、彼を山賊呼ばわりされる事を嫌う。

能力

ライガいわく「貴重な能力」。
亜空魔獣(ボックスデーモン)のリンカで、二つの場所を繋ぐ門を作り出す能力を持つ。
応用として結界を作り出して敵を閉じ込める、巨大な岩を落として相手を押しつぶすなどもできるが、
大きなものが通れるだけの門を作るのは時間がかかるため、
戦闘では自分の手をワープさせて相手の内臓を掴む、自分の体を透過させて相手の攻撃をかわすなどの戦法をとる。
身体が空間と同化しているため、山一つ吹き飛ばせる魔法使いから見ても「かなりタフ」らしい。

関連タグ

巡ル結魂者
秋田禎信
講談社ラノベ文庫
どこでもドア

コメント