ピクシブ百科事典

目次[非表示]

気の強い女子(おなご)はやっぱこう・・・ええよのう!!

👺概要

最高位。生え抜き(神佑地で生まれた土地神)。
烏森近辺で一番の霊山と言われる会羽山の土地神で大天狗
普段は怒りっぽいが酒を飲むと上機嫌になる。
かなりの高齢であるが人間の女性にばかり興味を示しており、世継ぎを作れないでいる。
人間に化けると、邪念が多すぎるためかハゲ親父になってしまう。
気に入っていた女性はアメリカからの留学生・サンディー・ブラックマン(18歳)。
しかし、彼女からはストーカーと思われていた。そしてそのことにショックを受け、見た目をよくすればいい(若返ればいい)と紫堂に言いくるめられて、山籠もりをして飛丸(とびまる)が誕生した。

烏森近辺で一番の霊山と言われる会羽山の土地神を務めている大天狗
非常に強力な力を持ち、墨村良守は、彼を一目見るなりまったく歯が立たないと思いこむほど。
家臣の烏天狗からは、山籠もりをして世継ぎを残す事を勧められているが、黒雲斎本人は女性を追いかける事に夢中で、まったく山籠もりをする気がない。

そのため、紫堂の依頼によって現れた墨村良守の結界術で拘束されてしまう。しかし、すぐに拘束を無理やり解除して、現在お気に入りであるサンディー・ブラックマンのもとに向かってしまう。
しかしサンディーからは、ストーカーと認識されてしまっており、それに気づくと涙ながらに彼女のもとを立ち去った。

人間に化ける事が可能だが、あまりに雑念が多すぎるため、紫堂と比較すると可哀想になるくらいの、小汚い外見になってしまう。

そして、サンディーと同行していた紫堂から、慰めの言葉を掛けられつつも、うまい具合に山籠もりをするよう誘導されて、そのまま世継ぎを残すための山籠もりに入った。

世継ぎは妖力を集中させる事によって、本体から分裂する形で生まれるが、その時に念じた思いが強く反映される。そのため、できるだけ雑念を込めずに集中する必要があるが、

山籠もり中に偶然雪村時音が会羽山に訪れたため、それを感知した黒雲斎から一気に雑念が生まれ、その結果、生まれた飛丸(とびまる)女好きを継承してしまう。

そして飛丸(とびまる)の誕生を祝う宴を催し、墨村良守の式神で再現したカーニバルを楽しんで、大満足していた。

パーフェクトでしたよ 良守殿👍 by紫堂

👺会羽山の大天狗黒雲斎(こくうんさい)登場(第14巻/第7巻)

墨村家に、会羽山からやって来たという烏天狗の紫堂が訪れる。
紫堂は、会羽山の土地神であり、紫堂自身の主人でもある大天狗黒雲斎に、世継ぎとなる分身を生み出すために山籠もりをしてほしいと常々思っているのだが、肝心の黒雲斎は、人間の女性にうつつを抜かしており、このままでは山籠もりどころではないという。

そこで紫堂は、結界師である墨村良守に、結界術を使って黒雲斎を会羽山に拘束してほしいと頼み込む。烏森を封印する方法を求める良守は、黒雲斎に情報を得るためにこれを承諾し、紫堂に連れられて会羽山へと向かう。

しかし、実際に対面した黒雲斎は、墨村良守の数倍の巨体から凄まじい威圧感を放っており、いつも強気なはずの良守すら、無理だと言い切り依頼を放棄しようとする。これに対して紫堂は、良守を客人とみるか侵入者と見るかは黒雲斎次第と半ば脅してくる。

良守は、恐る恐るながらうまく話を合わせつつ、会羽山の烏天狗の力を借りる事で巨大な結界を形成し、何とか黒雲斎を封じる事に成功する。良守はさらに、黒雲斎が夢中になっているという女性サンディー・ブラックマンに魔よけをかける事で、黒雲斎が近寄れなくするように頼まれる。

良守はサンディーを発見するが、満足に事情を説明できず、仕方なく紫堂が人間に変化して説明を行う。幸い、飲み込みが早いサンディーは、紫堂の言葉を全面的に信用するが、そこに結界を破った黒雲斎が、人間の姿で現れる。

しかしサンディーは、黒雲斎を自身に付きまとっているストーカーだと弾劾し、その言葉にショックを受けた黒雲斎はその場から逃げ去ってしまう。

良守は何とか黒雲斎を慰めようとするが、サンディーと話を着けた紫堂が、女性に怖がられるのは現在の見た目が原因で、若返るために山籠もりをするべきだと主張し、黒雲斎もあっさりとそれを受け入れ、事態は解決する。

結局良守は大して役に立たなかったものの、依頼を完遂した事になり、紫堂から烏を呼び寄せる羽をプレゼントされたのだった。

🌋飛丸(とびまる)誕生(第19巻/第10巻)

墨村良守影宮閃は、烏森を取り巻く状況が悪化しつつある事を懸念しつつも、どう動けばいいのか決められずにいた。とりわけ閃は、サキから読み取ったイメージを他言する事を禁じられていた事もあり、今後どういった事態が訪れるのか、独り不安を抱えていた。

そんな中、墨村良守はほかの神佑地からアドバイスを受ける事を提案。かつて依頼を受けた紫堂から受け取った黒い羽を使う事で、紫堂の部下である烏天狗達の協力を取りつけ、影宮閃雪村時音を伴い、紫堂や大天狗・黒雲斎が管理している神佑地である会羽山を訪問する。

その頃、会羽山では、黒雲斎が世継ぎを生み出すための山籠もりに入っていた。しかし、女性である雪村時音が会羽山に進入したために、それを感知した黒雲斎の煩悩が暴走した事で巨大な風を巻き起こし、天狗達が暮らす屋敷に甚大な被害を与えてしまう。

来て早々に大災害に見舞われて、良守達はもちろん、彼らを招いた烏天狗達や紫堂も混乱の極みに陥るが、その煩悩によって世継ぎを生み出す過程が大幅に短縮され、黒雲斎の世継ぎである飛丸(とびまる)がここに誕生する。(ちなみに黒雲斎同様女好きになってしまう)

飛丸(とびまる)を伴って屋敷に戻って来た黒雲斎は、飛丸(とびまる)の誕生を祝うパーティの開催を宣言し、良守達を強引に参加させる。良守達はその中で黒雲斎と飛丸(とびまる)に振り回され、アドバイスを受けるどころではなくなってしまう。

👺大天狗黒雲斎(こくうんさい)

大天狗黒雲斎(こくうんさい)③
大天狗黒雲斎(こくうんさい)②


⛅大天狗黒雲斎(こくうんさい)が人間に化けた姿

大天狗黒雲斎(こくうんさい)の人間バージョン④
大天狗黒雲斎(こくうんさい)の人間バージョン②


🌋大天狗黒雲斎(こくうんさい)の跡継ぎ 飛丸(とびまる)

飛丸(とびまる)④
飛丸(とびまる)②


📖登場一覧(漫画)

田辺イエロウ『結界師』小学館〈少年サンデーコミックス
第14巻,第19巻
田辺イエロウ『結界師 完全版』小学館〈少年サンデーコミックススペシャル
第7巻,第10巻
『結界師 指南之書』(ファンブック)(第14巻の内容)
黒雲斎(こくうんさい)と紫堂(しどう)

💩余談

黒雲斎(こくうんさい)であって国民的アニメの某映画ではないので注意(実は名前も微妙に違ってる)

🎁関連タグ

結界師 妖(結界師)
大天狗 天狗  黒雲

関連記事

親記事

妖(結界師) けっかいしのあやかし

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「黒雲斎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1260

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました