ピクシブ百科事典

龍王ドロモカ

りゅうおうどろもか

龍王ドロモカとはTCG『マジック・ザ・ギャザリング』に登場するドラゴンの一体である。
目次[非表示]

概要

タルキール次元の氏族の一つ、アブザン家にとって称賛に値する唯一の龍。焼けつく光のような吐息を備えるが、最大の強さはその装甲のような皮。最も重い武器すらも貫通不能の鱗の前には役に立たず砕け散る。性別は雌。

本来の歴史であれば1280年前ウギンニコル・ボーラスに殺されたことで龍を生み出す“龍の大嵐”が消滅、ドロモカもタルキールのカン(指導者)達に狩られてしまうのであるが、タイムスリップしたサルカン・ヴォルがウギンの命を助けたことで歴史が変わり、龍の大嵐は激しさを増し、かつてないペースで新たな龍が生まれていた。氏族と龍のパワーバランスは崩れ、多くの民を失っていたアブザンのカン、ダガタールは先祖の霊を使役する術を禁ずるという条件の下にドロモカの元に下ったことにより彼らの王となる。

現在は、慈悲と傲慢が同等に存在する支配者として領土の隅までを支配している。戦いにおいて、全てを消し去る光線の吐息を放つことをためらわず、勇敢にもドロモカの前に立ちはだかろうという者を抹消する。
また、氏族の情勢に親密に関わっており、龍種の監督たちや最高位の臣民と交流、氏族は砂漠の地で生き残るためにいっそうの準備を整えることになる。


ちなみに、歴史改変前はアナフェンザという女性がカンとして氏族を率いていたのだが、

拡張アート8枚目《族樹の精霊、アナフェンザ》


歴史改変後の世界では
仲間を守る為に禁断の術とされる先祖の霊の力を借りた為に、処刑。
死後も守護霊として氏族を見守っている。
・・・歴史改変のとばっちりともいえる。

カード性能

永遠のドロモカ

<
マナコスト (3)(緑)(白)
カードタイプ伝説のクリーチャー — ドラゴン
パワー/タフネス5/5
能力飛行
あなたがコントロールするドラゴンが1体攻撃するたび、鼓舞2を行う。(あなたがコントロールするクリーチャーの中で最も小さいタフネスを持つクリーチャーを1体選び、それの上に+1/+1カウンターを2個置く。)


エキスパンション:運命再編で登場した1280年前のドロモカ。アタックするたびに他のクリーチャーを強化する能力を備える。ただし強化するクリーチャーを選べないので融通できないのがネック。
『終わりなくして始まりなし』)(外部リンク参照)

龍王ドロモカ

マナコスト(4)(緑)(白)
カードタイプ伝説のクリーチャー — エルダー・ドラゴン
パワー/タフネス5/7
能力龍王ドロモカは打ち消されない。
飛行
絆魂
あなたのターンの間、あなたの対戦相手は呪文を唱えられない。


エキスパンション:タルキール龍紀伝で収録された現在のドロモカ。同じ特殊能力を持たない相手にはブロックされない飛行とダメージ与えるたびライフを回復する絆魂をもち、打消し耐性と自身のターン以外の呪文使用を禁止する能力を備える。特に後半二つのおかげで召還・攻撃を妨害されずに行える安定感のあるフィニッシャーとして活躍した。

関連ページ

MTG
ドラゴン(MTG)
タルキール
クリーチャー
ドロモカ氏族
龍王シルムガル 龍王オジュタイ 龍王コラガン 龍王アタルカ

外部リンク

プレインズウォーカーのための『運命再編』案内
『終わりなくして始まりなし』
プレインズウォーカーのための『タルキール龍紀伝』案内その2
『マジック:ザ・ギャザリング』公式サイトにおける「龍王ドロモカ」の壁紙ダウンロード

非公式リンク

M:TG Wikiにおける「ドロモカ」の項目

pixivに投稿された作品 pixivで「龍王ドロモカ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1078

コメント