ピクシブ百科事典

龍王シルムガル

りゅうおうしるむがる

龍王シルムガルとはTCG『マジック・ザ・ギャザリング』に登場するドラゴンの一体である。
目次[非表示]

概要

タルキール次元の氏族の一つ、スゥルタイ群にとって、龍とは冷酷さを体現するものであり、シルムガルはその頂点に立つ存在である。シルムガルと彼の種は氏族から宝物を略奪しては悦に入る。彼らにあえて挑もうと言う者は皆、その有毒で腐食性の吐息に等しく直面する。

本来の歴史であれば1280年前ウギンニコル・ボーラスに殺されたことで龍を生み出す“龍の大嵐”が消滅、シルムガルもタルキールのカン(指導者)達に狩られてしまうのであるが、タイムスリップしたサルカン・ヴォルがウギンの命を助けたことで歴史が変わり、龍の大嵐は激しさを増し、かつてないペースで新たな龍が生まれていた。氏族と龍のパワーバランスは崩れ、5氏族のカンによる頂上会談の最中、会場を他の龍たちと共に襲撃し、彼らを降伏させ傘下に加えた新たな氏族「シルムガル氏族」の指導者「龍王」となる。

現在は配下の龍や魔道士、死者の軍勢に囲まれて華やかな宮殿要塞の内に住まう。下僕同士の戦いを刺激し、戦いそのものを楽しみながら結果として生じる死者の下僕を彼の軍勢へと加える。その絶えず増え続ける死者の軍勢は、戦いにおいてシルムガルへと最上の自信をもたらしており、事実彼の下僕達はその無慈悲な攻撃で限りなく悪名高い。
最大の弱点は彼自身の退屈。心が残酷な計画に従事していない時、彼は偏執状態に沈むことで知られている。そこで、敵対するコラガンに何もかも敗北するという考えに取りつかれる。一度妄想の苦悶に入ると、言葉を届かせることは誰にもほぼ不可能となり苦悩のままに従者達の大半を殺戮する。この致命的な結果を避けるため、臣民達は残忍な祝祭や血塗れの儀式を創案する――何であろうとシルムガルの気を散らし、なだめ、喜ばせるために。


なお、
首から何か提げているが、これは1280年前のカンの一人タシグルの遺体を魔法で防腐処理したもの。(ある意味)もっとも豪華な戦利品である。
『シルムガルの豪奢な装飾品』)(外部リンク参照)

カード性能

漂う死、シルムガル

マナコスト(4)(青)(黒
カードタイプ伝説のクリーチャー — ドラゴン
パワー/タフネス3/7
能力飛行
呪禁
あなたがコントロールするドラゴンが1体攻撃するたび、ターン終了時まで、防御プレイヤーがコントロールするクリーチャーは-1/-1の修整を受ける。


エキスパンション:運命再編で収録された1280年前のシルムガル。
パワーは低いがタフネスが高く相手の呪文や能力の対象にならない呪禁を持つ為、非常に硬い。全体マイナス修正能力のおかげでトークンデッキのような数で攻めるタイプの相手にも強い。
『黄金牙の破滅』『カンの落日』)(外部リンク参照)

龍王シルムガル

マナコスト(4)(青)(黒)
カードタイプ伝説のクリーチャー — エルダー・ドラゴン
パワー/タフネス3/5
能力飛行
接死
龍王シルムガルが戦場に出たとき、クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体を対象とする。あなたが龍王シルムガルをコントロールし続けているかぎり、それのコントロールを得る。


現在のシルムガル。収録はエキスパンション:タルキール龍紀伝。
除去耐性は無くなったが変わりにダメージを与えたクリーチャーを破壊する接死を得る。相手依存とはいえ、クリーチャーあるいはプレインズウォーカーを強奪する能力も併せ持つので、これ一枚で相手の戦力を削り自軍を増やすことも可能。カウンターが溜まりに溜まったプレインズウォーカーカードが奪われたら目も当てられない。その代わり、シルムガルが場を離れたら奪い返されるので打ち消し呪文等々でサポートしよう。
『毒入りの心臓』)(外部リンク参照)

関連ページ

MTG
ドラゴン(MTG)
タルキール
クリーチャー
シルムガル氏族
龍王ドロモカ 龍王オジュタイ 龍王コラガン 龍王アタルカ

外部リンク

プレインズウォーカーのための『運命再編』案内
『黄金牙の破滅』
『カンの落日』
プレインズウォーカーのための『タルキール龍紀伝』案内その1
『シルムガルの豪奢な装飾品』
『毒入りの心臓』
『マジック:ザ・ギャザリング』公式サイトにおける「龍王シルムガル」の壁紙ダウンロード

非公式リンク

M:TG Wikiにおける「シルムガル」の項目

pixivに投稿された作品 pixivで「龍王シルムガル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1967

コメント